2012年12月27日木曜日

南座千秋楽の勘九郎の口上

この日も「今も信じがたく、受け入れ、受け止めてその一歩を進めることが、なかなか数日できませんでした」と振り返った勘九郎は、千秋楽慣例で芸妓が並ぶ客席を見回し、「きょうは父が好きだった京都の街の方もいらしゃってます」と、賑(にぎ)やか好きだった父を偲んだ。(勘九郎 勘三郎さんの死乗り越え完走(2)/芸能/デイリースポーツ online)
亡くなった日も、密葬の日も、東京京都を往復し舞台に立ち続けました。応援してくれるお客様が彼らを支えてくれたのでしょう。