2013年2月22日金曜日

特別展「書聖 王羲之」を見た三津五郎のコメント

歌舞伎の「傾城反魂香(けいせいはんごんこう)」の「土佐将監(しょうげん)閑居の場」で、奇跡を成し遂げた絵師の又平に師匠が言うせりふに「異国の王羲之(おうぎし)、趙子昂(ちょうすごう)が石に入るも木に入るも和画において例(ためし)なし」というのがある。このせりふを聞く度に、羲之とは一体どんな人なのだろうと興味をもっていた。(こうみる王羲之:歌舞伎俳優・坂東三津五郎さん- 毎日jp(毎日新聞))
3月3日まで、東京・上野の東京国立博物館