2013年2月27日水曜日

海老蔵さん「父の笑顔、一生の宝物」

テレビの画面から見えた父の顔は、とっても優しく、いつもと同じような笑顔でした。本当に目をつむると、そのときの父の笑顔が、まぶたに焼き付いています。これは本当に、私の一生の宝物です。(朝日新聞デジタル:海老蔵さん「父の笑顔、一生の宝物」 団十郎さん本葬)
とても、さみしいです。しかし、父の子として生まれて、本当に幸せでした。この言葉が胸に響きました。