2013年3月21日木曜日

国立近代美術館フィルムセンター4月4日 「 風雲千両舟 」 上演

「特集・逝ける映画人を偲んで 2011-2012」 を開催するそうです  父が友右衛門時代の映画「 風雲千両舟 」 も上演されます 4月4日 15:00  4月28日16:00  の2回です お時間がございましたら、お出かけください。(明石屋通信のブログ)

風雲千両船 (93分・35mm・白黒) 戦時下で『白蘭の歌』前後篇(1939)『支那の夜』前後篇(1940)の大ヒットを放った長谷川一夫・李香蘭(=山口淑子)コンビが、戦後初共演を果たした東宝の20周年記念映画。かつては大砲の砲手だった花火屋の三五郎が、幕末の時代を背景に、華僑の手放した船の争奪戦に巻き込まれる。大谷友右衛門の映画出演は1950年から56年まで。 '52(東宝)(出)七代目大谷友右衛門=四代目中村雀右衛門(黛三五郎)(監)(脚)稲垣浩(原)村上元三(脚)三村伸太郎(撮)安本淳(美)北猛夫(音)深井史郎(出)長谷川一夫、山口淑子、山根壽子、市川段四郎、二本柳寛、大日方傳、東野英治郎、志村喬、木匠マユリ、澤村國太郎、小杉義男(上映会情報特集・逝ける映画人を偲んで2011-2012)
友右衛門時代の雀右衛門さん、段四郎さん(猿翁・段四郎の父、猿之助の祖父) 長谷川一夫の名もあります。