2013年3月18日月曜日

歌舞伎座 新時代へ<上> 山川静夫

「代々継承してきた型に工夫を加えるのはいいが、壊さない程度に」「古典は誰が、誰と演じるのかが一番肝心。もっとファンが望む配役を」「役者を休息させるシステムが必要」…。興行主体の松竹や俳優への注文も次々飛び出す。(東京新聞:<歌舞伎>歌舞伎座 新時代へ<上> 質の高い本物期待:伝統芸能(TOKYO Web))
全く同感です。世界に誇る歌舞伎座の質の高さを守ってほしいです。役者の休息の件は先日三津五郎さんに質問しましたが、結局自己管理ということのようです。前の楽屋は旅館のようで外の空気が感じられリラックスできたそうです。今度はビルですからどんな楽屋なのでしょうか。