2013年3月28日木曜日

歌舞伎座開場式、「寿式三番叟」が開場を寿ぐ

歌舞伎では柿葺落興行の折、能楽の『翁(式三番)』を素材にした『寿式三番叟』を上演し、舞台を清めて開場を寿ぎ、祝祭空間をつくり上げてきました。第四期歌舞伎座でも、昭和26(1951)年1月3日の開場式で上演されています。今回の第五期歌舞伎座では、1回目に松本幸四郎の翁、中村梅玉の千歳、尾上菊五郎の三番叟という配役で『寿式三番叟』が披露され、演者が精進潔斎して臨むとされる厳かな一幕が終わると、場内は大きな祝福の拍手に包まれました。(歌舞伎座開場式が行われました | 歌舞伎美人(かぶきびと))
来月初日を迎える準備に皆さん忙しいことでしょう。