2013年3月10日日曜日

石井啓夫の劇評 2013年3月 新橋演舞場

市川染五郎、尾上松緑(おのえ・しょうろく)、尾上菊之助を中心に次代を担う俳優たちが大役にそれぞれ初挑戦した。未成熟は覗(のぞ)くものの、現代を呼吸する工夫の中に、血脈で引き継がれ胎動(たいどう)し続ける歌舞伎の魅力を清新な勢いに酔いつつ感じることができた。(【鑑賞眼】新橋演舞場「三月花形歌舞伎」 芸の年季を若さの宝が超えた - MSN産経ニュース)
 芸の年季を若さの宝が超えた、との若手にエールの評です。