2013年3月31日日曜日

上村以和於の随談 新開場の歌舞伎座に寄せて

開業式が始まって、田中伝左衛門師による大太鼓の打ち初めにつづいて、幸四郎の翁、梅玉の千歳、菊五郎の三番叟という顔ぶれで『寿式三番叟』が始まると、音響の良さにまず感心する(演劇評論家 上村以和於オフィシャルサイト)
長唄の地方さんが歌舞伎座は良い音で他とは全然違うと話していました。果たして今度の歌舞伎座はどうなのか、一番気になっていました。どうやら音響は素晴らしいようで安心しました。

顔寄せ式の折に紹介された、新しい歌舞伎座のできるまでを記録した『時の継承』という映像は素晴らしいものだった。記録映画として、見事な作品だと思う。公開して、多くの人に見てもらうようにすべきである。(演劇評論家 上村以和於オフィシャルサイト)
これは是非シネマ歌舞伎で見たいですね。

ブログ アーカイブ