2013年3月25日月曜日

吉右衛門 3カ月で8役 「命懸け」若手は見よ

「初代が前の歌舞伎座でそうしたように、私も新しい歌舞伎座で次代を担う若手を指導していくのが務めだと思っています。伝統歌舞伎は知れば知るほど奥が深い。先人がこしらえた演出を自分のものにし、できれば自分の考えも加えていく。それで精いっぱい。再び歌舞伎の殿堂と言われるようにできるだけ長く演じ続けたい」(東京新聞:<歌舞伎>吉右衛門 3カ月で8役 「命懸け」若手は見よ:伝統芸能(TOKYO Web))
身体に無理のない程度になが~く舞台にたって頂きたいと思います。