2013年3月31日日曜日

博多座公演インタビュー 市川猿之助

「ただ『四の切』に関しては不思議なことに、演じているという気がしないんです。本当に狐になって物語の中にいるような……そんな感覚なんです。(自主公演の)『第8回 亀治郎の会』(平成22年)で初めてさせていただいた時も初役のような気がしませんでした。小さい頃から伯父の舞台を数え切れないほど目にしてきたせいでしょうか」(博多座)
猿之助がインタビューに答えています。四の切では自身物語の中にいるような感覚だとか、本当に親子の狐の気持ちなんだと思います。

ブログ アーカイブ