2013年3月25日月曜日

歌舞伎座 新時代へ<中>延寿太夫・梅津貴昶・鳥羽屋里長

清元連中は通常は唄四人・三味線三人の構成だが、今回の「お祭り」では唄五人・三味線四人で演奏する。勘三郎さんへ魂を込めて捧げたいという。(東京新聞:<歌舞伎>歌舞伎座 新時代へ<中> 勘三郎さんへ魂込めて:伝統芸能(TOKYO Web))

「私にとって歌舞伎座は芸のふるさと。愛しています。だからこそ中身が肝心。歌舞伎座にふさわしい芸を演じてほしい。それは役者だけじゃなく、お囃子(はやし)も大道具も小道具も衣装も美術も照明もすべてにおいて」(東京新聞:<歌舞伎>歌舞伎座 新時代へ<中> 勘三郎さんへ魂込めて:伝統芸能(TOKYO Web))

前の歌舞伎座は独特の雰囲気を持ち、残響音が良く唄(うた)いやすい劇場だったという。  「新しい歌舞伎座も良い音響ではないかと楽しみにしています。開場を機に私も新しく脱皮したいですね」(東京新聞:<歌舞伎>歌舞伎座 新時代へ<中> 勘三郎さんへ魂込めて:伝統芸能(TOKYO Web))

ブログ アーカイブ