2013年3月7日木曜日

渡辺保の劇評 2013年3月 新橋演舞場

松緑、菊之助、染五郎の花形歌舞伎は、昼が「妹背山御殿」に「暗闇の丑 松」、夜が「一條大蔵卿」と「二人椀久」。昼夜ともにスッキリした狂言立て。 それぞれに初役揃い。新鮮である。なかでは松緑の丑松、染五郎の大蔵卿が目 立つ出来である。(2013年3月新橋演舞場)
これからの観劇ですが、 「暗闇の丑 松」が楽しみです。