2013年3月8日金曜日

渡辺保の劇評 2013年3月 国立劇場

折角の福助初役の清玄尼なのに、これでまた「女清玄」はつまらない という評価が下されてはなんとも残念である。洗い直してもう一度、ぜひとも 再挑戦してもらいたい。そうすれば福助のレパートリーになるばかりでなく、 国立劇場の財産になるだろう。(2013年3月国立劇場)
台本、演出、配役に問題があるとのこと。難しいですね。大一座なら適役の役者が演じる訳ですが、今回のように若手が大勢参加の場合キャスティングに無理が生じるのは仕方ないのではと思います。