2013年3月18日月曜日

上方と江戸 両方演じてほしい

「猿之助君には『仮名手本忠臣蔵』の早野勘平を教えました。本当に私の芝居を好きで見てくれる。これからは上方だから江戸だからとあんまりこだわらないほうがいいんじゃないか。みんなが気楽にやれるようにしたほうが歌舞伎全体が広がり面白くなりますよ」(東京新聞:<演芸>上方と江戸 両方演じて 藤十郎「若手に指導したい」:伝統芸能(TOKYO Web))
藤十郎と團十郎の共演で上方と江戸のコンビが実現していました。これを継続していってほしいと思います。亀治郎の勘平は面白かった。見たことのない演出で、新鮮でした。藤十郎さんに多くを学び両方の風通しがよくなるともっと歌舞伎が違った魅力を生むのではないかと思います。