2013年3月21日木曜日

松緑が紹介する演舞場のステキな舞台

仕事を離れると全く女性に縁の無い僕からしてみると、幾ら仕事の上とはしてもこう綺麗所に囲まれているのは嬉しい限りだ(尾上松緑、藤間勘右衞門の日記)
新橋演舞場の3月公演では主役以外の多くの役者さん達が活躍しています。松緑さんが名題下の方も含め紹介されています。舞台を作るのは主役だけではなくアンサンブルの良いことが求められます。ベテランから若手まで皆一つになって務めなければ良い芝居はできません。松緑さんは素晴らしい彼等に感謝してお役を務めておられるのがよく分かります。綺麗所に囲まれているのもうれしいとのこと。