2013年5月1日水曜日

玉三郎の今月コメント 2013年5月

また「京鹿子娘道成寺」も女形の代表的な歌舞伎舞踊としての大作でございます。7年前に菊之助さんと一緒に「二人道成寺」として初めて上演させて頂きました。この第5期歌舞伎座は、私達の世代と次の世代の方々が引き継いでいくことが大事だと考えております。そういう意味も含めまして「京鹿子娘二人道成寺」という作品を5月公演の最後の幕で務めさせていただきます。(坂東玉三郎ページ)
今回は次世代へ引き継ぐ意味深い舞踊として見ることにします。