2013年5月9日木曜日

追悼 竹本喜太夫師by葵大夫

高橋家が義太夫一家でした縁で、喜太夫師の甥御さんも竹本に入って見えました。現在、若手で活躍している愛太夫君です。彼はただいま切場を毎月勤めておいでですが、演目によっては私のところへ聞きに見えます。近年では「河連館」「大蔵館」「袖萩祭文」そしてこの5月の「実盛物語」もお稽古いたしました。熱心に研究なさっておいでで(萬覚帳)
ホテルに帰られ、気分が悪くなって救急車で病院に運ばれる途中で息を引き取られたようです。いろいろなお話を書いて下さっています。愛大夫さんが甥御さんだと初めて知りました。