2013年5月11日土曜日

渡辺保の劇評 歌舞伎座第二部 2013年5月

今度はどういうわけか仁左衛門の伊左衛門との間に微妙な違和感が ある。仁左衛門が古風な面白さを見せているのに対して、玉三郎の美しさが現 代風に新しく見えるのである。二人が並ぶとそこに体の匂いの違いでもいうべ きものが漂う。玉三郎が歌舞伎から遠ざかっていたせいだろうか。(2013年5月歌舞伎座第二部)
先月の玉三郎の滝夜叉も美しさにうっとりしましたが、常磐津舞踊の香りが無かったように思いました。しかし熊谷陣屋の相模は全く違和感なく良かったです。綺麗な女形の役を演じると現代風に見えるのでしょうか、又は今現在の歌舞伎の女形の実態なのでしょうか。