2013年5月17日金曜日

吉右衛門、又五郎、歌昇が語る「松竹大歌舞伎 中央コース 西コース」

両方のコースで親子連獅子を披露することになった又五郎は「せがれが歌舞伎俳優を志して以来、いつかは親子で『連獅子』をやりたいと思っていました」と、念願がかなう嬉しさを話しました。毛振りの演出もみどころの一つですが、「豪快、かつ品よく、勇ましく勤めて、お客様が気持ちよく劇場を後にしていただければいいですね」。(吉右衛門、又五郎、歌昇が語る「松竹大歌舞伎 中央コース 西コース」 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
襲名披露もラストスパート。念願の親子での連獅子と吉右衛門は沼津の十兵衛と青山播磨です。暑い季節です。健康管理にも気をつけて、巡業無事お勤め下さいますように。