2013年5月20日月曜日

市川右近が語る『高時』『伊達の十役』

市川海老蔵さんと共演している八汐は、河内屋型という珍しい型で、私は関西では初めて取り組ませていただきます。子供をなぶり殺しにする残忍な役ですが、歌舞伎ならではの残酷さも楽しんでいただけたらと思っております。また、師匠猿翁から教わったものを次の世代の方へ伝え残していけるように、演出補も担当、携わらせていただいております。(市川右近が語る『高時』『伊達の十役』 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
猿之助門下一の生き字引、演出も心得ているでしょう。