2013年5月15日水曜日

傳左衛門日記より、大相撲初日を観る

審判の親方衆の威厳、行司や呼び出しの声や所作、座布団運びやアナウンスのタイミングに到るまで、芸能・神事であり、総合芸術である。この共通性も惹かれる一因なり。相撲は格闘技でも、況してやスポーツでは決してない。(三響會blog)
相撲も呼び出しの声やぶつかる音など全ての要素が臨場感を盛り上げてくれますね。歌舞伎界ではお茶がブーム?心落ち着く一服が何よりのようです。