2013年5月17日金曜日

中日、一座一同元気に舞台(秀太郎歌舞伎話)

ことに時蔵さんなど今月はこの冲の井一役で物足りないでしょうが、とてもきっちりと気を入れて演じ、特に八汐を見据えての引っ込みは、当たり前とはいえやはり素敵です!冲の井、松島が下手に引っ込むのは山城屋さんの先代萩に限り、他の役者さんの政岡の場合は冲の井は鶴千代を守って上手奥に引っ込むので、今回のような冲の井の引っ込みは珍しいのです。(秀太郎歌舞伎話)
 山城屋さんの先代萩はいつもと違うそうです。沖の井、松島の言動は胸がすきますね。