2013年5月23日木曜日

尾上松也が語る『太刀盗人』

狂言や落語など日本の古典の笑いは、「大爆笑をとる笑いではなく、気づくと顔がほころぶという笑い。大爆笑をとりにいくことはしてはいけないよ」と教えていただいたこともあります。狂言をもとにしている松羽目物の舞踊では、特にそこを肝に銘じて演じたいです。(尾上松也が語る『太刀盗人』 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
自主公演「挑む」の一回目に取り上げた演目ですから、このお役を演じるのはうれしいことでしょう。いつか東京で見たいです。