2013年5月7日火曜日

演劇研究家・河竹登志夫さん死去

3月末、再開場する歌舞伎座の「古式顔寄せ手打式」で上演演目を読み上げ、「家を継いだ責任を果たせた」と話していたが、体調を崩し4月に入院していた。(朝日新聞デジタル:演劇研究家・河竹登志夫さん死去 歌舞伎と西洋劇を比較 - おくやみ)
新開場の歌舞伎座手打ち式でお元気な姿を拝見したばかりなのに・・・屋上庭園には灯籠を寄贈なさって喜んでいらしたのに、急な訃報に驚いています。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。