2013年5月13日月曜日

秀太郎さんの栄御前

女形はどんな役でも「お辞儀」をすることが多いのですが、栄御前は一切お辞儀することなく、ずっと背筋を伸ばしていられますし、台詞の声のトーンもとても楽で、のびのび演じることが出来ます。花道の引っ込みなどはとても気持ち良いです。(秀太郎歌舞伎話)
イヤな役どころでも演じる側は気持ちが良いそうです。立役の方も悪役は結構お好きみたいですね。