2013年5月10日金曜日

速報!市川海老蔵 古典への誘い2013~江戸の華~

 一.御目見え 口上 素顔の海老蔵がお目見えの口上を申し上げます。
二.清元素演奏「玉屋」 江戸市中で子供たちに人気だった、しゃぼん玉売りの風俗を映した作品です。
三・清元「保名」 安倍保名は、悪人の計略にかかって自害してしまった恋人・榊の前を想い心乱れ、狂乱に陥っています。 榊の前の形見の小袖を抱きしめ、春の野辺をあてもなく彷徨い歩く保名の姿を描いた、男性の狂乱物の代表作です。
四.清元「お祭り」 「待っていたとはありがてぇ」の名台詞でお馴染みの「お祭り」。 赤坂日枝神社の山王祭と神田明神の神田祭という二つの祭礼を題材にした舞踊です。お祭りにやってきた粋でいなせな鳶頭。明るく華やかな江戸の情緒をお楽しみください。(市川海老蔵 古典への誘い2013~江戸の華~|コラニー文化ホール(山梨県立県民文化ホール))
日時:2013年10月14日(月) 1回目:13:30開演  2回目:17:30開演
場所:山梨県立県民文化ホール コロニー文化ホール

一般発売:7月1日(月)
≪ミルケ倶楽部先行予約≫ 受付期間:5月19日(日)~21日(火)

何箇所かで公演だと思いますが、ここ山梨県民ホールの情報です。”江戸の華"「玉屋」も江戸市井の物売りの風俗舞踊。「お祭り」は江戸の華そのもの、「保名」は貴公子が春の野を恋人を思い物狂い、大変詩的でアンニュイというフランス語がぴったりの詩情あふれる清元もステキです。