2013年8月28日水曜日

伊賀上野にて、9・11月文楽公演「通し狂言 伊賀越道中双六」の合同記者会見

8月26日、9月に東京・国立劇場、11月に大阪・国立文楽劇場と、東西で公演される文楽の「通し狂言 伊賀越道中双六」の上演に先立ち、伊賀上野(三重県伊賀市)を、人形遣いの吉田和生、桐竹勘十郎、吉田玉女が訪れ、記者会見を行いました。 一行は、はじめに伊賀越の仇討ちの舞台である「鍵屋の辻」を訪れ、伊賀越資料館等を見学、資料館や数馬茶屋など作品ゆかりの場所で地元の方々の歓迎を受けました。(伊賀上野にて9・11月文楽公演「通し狂言 伊賀越道中双六」の合同記者会見と公演PRを行いました【速報】 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会)
伊賀越ツアーに行きたくなります。 鍵屋の辻、資料館や数馬茶屋、河合又五郎首洗供養地蔵池等訪ねたい所がいっぱいです。