2013年8月4日日曜日

日生劇場親子で楽しむ歌舞伎

「棒しばり」
團蔵の松兵衛・菊之助の次郎冠者・右近の太郎冠者。いつ見ても楽しい。菊之助と右近のコンビなかなか良いです。
「解説歌舞伎のたのしみ」
亀三郎の解説はクイズ形式で子供たちの注目をとり、分かりやすい動物の鳴き声、付けの説明では見得をきって会場の子供達にもやってもらってヤンヤヤンヤ!
「鷺娘」舞台上手に長唄お囃子、正面板付きで暗転からパッと明るくなって白無垢姿の鷺の精が現れる。これだけで会場は驚いていました。最後は瀕死の白鳥風ではなくふっかえりになったのが良かったです。

亀三郎さんのツイート
「最高に面白かった&楽しかった」 「お酒が美味しそうだった!」 「笑いが止まりませんでした」 大人じゃ言えない純粋で澄んだ心からの言葉と笑顔、本当に嬉しい、今日で終わりにしてはいけない、未来のお客様を育て続けなくては! 舞台から見えた皆の万歳、最幸でしたよん。(Twitter)
客席を歩いて手を上げた子に聞いての答えです。皆の万歳とは見得を教えた時のお話です。