2013年8月19日月曜日

芸の真髄シリーズ第七回公演「江戸ゆかりの家の芸 成田屋」兄妹で勤める成田屋の芸

当初は父の十二代目團十郎が家の芸を演じる予定だったが、二月に急逝したため、父の芸を継ぐ長男の海老蔵と長女のぼたんが勤めることになった。  道行物はぼたんの好きな演目。「お三輪を踊ることは父の生前からいただいていたお話でした。当然父の指導でと思っていましたが、他界してしまい、どうしたものか思案中」(東京新聞:兄妹で「成田屋」芸 21日、国立大劇場:伝統芸能(TOKYO Web))
ぼたんさんのお三輪、楽しみです。團十郎さんが力をかして下さるでしょう。兄と妹、力を合わせて 「成田屋」の芸を継承していって下さい。