2013年8月19日月曜日

「初代尾上菊之丞を憶おもふ会」、所縁のの演目揃う

見どころは、初日では、宗家の菊五郎、家元の尾上墨雪(ぼくせつ)(二代目菊之丞)、三代目菊之丞の三人立ちによる清元「青海波(せいがいは)」。この三人が一緒に踊るのは初めてとか。  二日目昼の部では、三代目が初代振り付けの代表作の一つ、一中節「泰平船盡(たいへいふなづくし)」を、同夜の部の義太夫「式三番」では三代目が自身の振り付けで菊之助と二人で踊る。素踊りでこの二人が一緒に踊るのはこれまた初めてという。(東京新聞:<舞踊>五十回忌にぎやかに 「初代尾上菊之丞を憶おもふ会」:伝統芸能(TOKYO Web))
初代は六代目の内弟子だったとか、数々の振付を手がけ現在も踊られています。「青海波」は三人揃って見ものですね。