2013年10月31日木曜日

NHK古典芸能鑑賞会の放送予定(芝雀ブログより)

本日の公演はNHK-Eテレにて12月21日(土)午後2時~5時に放送予定です。(<番頭通信>NHK古典芸能鑑賞会 - 中村芝雀七世オフィシャルブログ)
一日だけでも楽屋のれんをかけるんですね。

松緑ブログのギャラリーより、九月の写真

平成二十五年九月 新薄雪物語 詮議 幸崎伊賀守 衣装(歌舞伎役者 四代目 尾上松緑)
かつらも衣装も渋い!

平成二十五年九月 陰陽師 序幕 藤原秀郷 衣装(歌舞伎役者 四代目 尾上松緑)
好みの青の衣装です。

20年振りの明治座で「瞼の母」おはま役を~(秀太郎歌舞伎話)

何年ぶりの明治座でしょうか…、多分20年以上出てなかったと思います。とにかくその久し振りの明治座…、明日初日を迎えます。獅童君の番場の忠太郎、私の水熊のおはまでの「瞼の母」です。以前秋の巡業で共演し、千秋楽に「また演りたいね!」と別れ、丸三年ぶりに夢が実現しました。獅童君も一段と役者振りも上がり、明日からの公演がとても楽しみです!!皆様是非ともご観劇下さい!(秀太郎歌舞伎話)
獅童の忠太郎は将来持ち役になるでしょう。秀太郎さんがなさって下さると一段と芝居が盛り上がると思います。

平成26年版国立劇場オリジナルカレンダーを販売しています!

平成26年版国立劇場オリジナルカレンダーの販売を開始しました。 いずれも、国立劇場各館の主催公演の舞台写真を掲載した、オールカラーのカレンダーです。 来年のご観劇のお供に、ぜひお求めください!(平成26年版国立劇場オリジナルカレンダーを販売しています! | 独立行政法人 日本芸術文化振興会)
歌舞伎・文楽・演芸・能楽・おきなわ・・・各ジャンルが揃っています。

「伊賀越道中双六」記者会見 ~桐竹勘十郎~

通し狂言が出来るということが本当に文楽の強みです。10年に一度はやっていると、若手は勉強になりますし、芸を後に繋いでいくという意味でも意義があります。歌舞伎は岡崎など抜けている場面があります。文楽は時間の都合で多少カットしたとしても全段通すことができます。これは文楽の非常に良いところだと思います。「沼津」や「岡崎」だけでもできますが、それは文楽本来のやり方ではありません。伊賀越の通しを今年やることに意義があります。5年、10年と間隔が開いても、まだ上演することができます。そのへんのところを記事などで紹介していただきたいですね。(「伊賀越道中双六」記者会見 ~桐竹勘十郎~ | 独立行政法人 日本芸術文化振興会)
観る側にとっても通しは勉強になります。通して演じて頂くのは有難いです。

吉例顔見世大歌舞伎 仮名手本忠臣蔵の上演時間

仮名手本忠臣蔵(吉例顔見世大歌舞伎 仮名手本忠臣蔵の上演時間 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

1日初日『さらば八月の大地』の会見

「皆、若い。ダメ出しや注文をしても、すぐに自分のものにしてくれる。中国語の発音もきれいですよ」と、出演者を褒めた山田ですが、自身がとても緊張していたそうで、「映画の封切前と同じです。一所懸命つくれば、あとは観客が埋めてくれる」と、自分に言い聞かせるように話しました。そして、「うまくいくとしたら、僕のために素材を選んでくれた鄭義信君と、真剣に取り組んでくれた出演者やスタッフの情熱、愛情、それらがいい舞台にしてくれるのだと思います」と締めくくりました。(1日初日『さらば八月の大地』を勘九郎が語る | 歌舞伎美人(かぶきびと))

2013年10月30日水曜日

菊五郎、円熟の中にも緊張感~判官と勘平

「勘平の(演技の)手順は詳しい口伝がある。五代目で完成し、六代目で熟成した。非常に完成度が高い」と当代。「実に細かい点まで考え抜かれ、それ以上の案が浮かばない。当初は嫌な型もあったが、徐々に心情的に理解できるようになり、自然にせりふが言えるようになった」と話す。  一方で、忠臣蔵はいわゆる「時代物」だが、勘平の場面は「やっぱり世話場です」と断言。「型と型をつなげる肉付けが大事で、それはやはり自ら研究しないといけない。型と型との間こそ、自分が演じて面白いところであり、当代の役者の見せ場」と続ける。(菊五郎 歌舞伎座で塩冶判官と早野勘平 : 伝統芸 : 舞台・伝統芸 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))
音羽屋型の勘平は完成度が高い。やはりスッキリした感じが東京好みですね。

2013年10月29日火曜日

初春花形歌舞伎 2014年1月 新橋演舞場 演目と出演者

初春花形歌舞伎
平成26年1月2日(木)~26日(日)
通し狂言 壽三升景清(ことほいでみますかげきよ)
出演  市川海老蔵  中村獅 童   中村芝 雀   市川左團次(歌舞伎美人 | 初春花形歌舞伎の演目と配役)
歌舞伎美人 にUPされました。

「第57回花道会歌舞伎セミナー」亀三郎出演のお知らせ

第57回花道会歌舞伎セミナー
 「まっすぐな芸で真摯に芝居と向き合う」
出演:坂東亀三郎 聞き手:塚田圭一(花道会代表)
日時 2013年11月17日(日) 17:30開始(17:00開場)
会場 TKP銀座ビジネスセンター/カンファレンス8C 東京都中央区銀座6-17-2 ビルネット館2号館
料金 全席指定:3,000円 ※花道会会員は無料。イヤホンガイド会員:2,700円(亀三郎出演「第57回花道会歌舞伎セミナー」のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
あの声の良い亀三郎さんの登場です。声ばかりではありません。大変魅力ある今注目の役者さんです。是非ご参加下さい。
十一月の花道会セミナーは、てらいのない真っ直ぐな芸が魅力の坂東亀三郎丈をお迎えします。  立役を中心として、まさに正統派ともいえる順序で様々な役を経験し、着実に実力をつけていらっしゃる亀三郎丈。十七代目市村羽左衛門を祖父に、 八代目坂東彦三郎を父に持つだけあり、歌舞伎俳優としての歩みは堅実で、しっかりとした伝統に裏打ちされています。父譲りの爽やかな口跡で、その台詞まわしの評価も高く、これからの活躍がますます楽しみな若手俳優のおひとりです。  プライベートでは、大のスワローズファンを公言され、スポーツも音楽も大好きとのことで、自らがイベントを主催するほど活動的な面をお持ちです。最近では、後輩俳優のよき相談相手として、多くの信頼を集めていらっしゃいます。「歌舞伎は面白いよ」と若い世代に語りかけ、ツイッターやブログ等でも歌舞伎を広めようと積極的に活動されている亀三郎丈に、ご自身の感じる歌舞伎の魅力、これからの歌舞伎について、語っていただきます。(花道会 歌舞伎セミナー これまでのセミナー)

速報!初春花形歌舞伎 2014年1月 新橋演舞場演目と主な出演者

ほうおうに載っていました。海老蔵・獅童・芝雀・左團次
通し狂言「景清」
歌舞伎十八番が描く悪七兵衛景清の世界を、新たな構想で通し狂言として上演。
今年5月に復活した「景清」を膨らませて、新作通し狂言にするようです。
さあ、お正月は歌舞伎座、国立劇場、浅草公会堂、新橋演舞場と四座競演となりました。芝居三昧のスタートになりますね。

2013年10月28日月曜日

オンワード樫山は、メンズ主力ブランド「五大陸」のアンバサダーに歌舞伎俳優5人を起用

歌舞伎俳優をアンバサダーに起用した狙いについても馬場氏は、「伝統を継承していきながら、新しいチャレンジを進めている歌舞伎の世界は、今回『五大陸』が打ち出そうとしている新しい提案にぴったり。一人に限定せずに、5人の方にお引き受けいただいたのも、誰か一人のイメージではなく、歌舞伎の世界全体が、これから始まる『五大陸』の世界とオーバーラップして見えるように意識したため」と語っていた。  アンバサダーに就任したのは、片岡愛之助さん(屋号:松嶋屋)、尾上松也さん(音羽屋)、中村歌昇さん(播磨屋)、中村壱太郎さん(成駒屋)、中村隼人さん(萬屋)の5人。「五大陸五人男」というキャッチコピーのもと、5人の群像としてテレビCMや新聞、雑誌、交通広告などに登場する。(片岡愛之助、尾上松也ら歌舞伎俳優で「五大陸」スーツの魅力を発信- MSN 最新ニュース|トピックス)
歌舞伎の舞台の姿はもちろん、普段のスーツ姿にも注目しましょう。カッコイイ!

八千代座から、大入り袋!

ありがたいです 八千代座さんのおかげ お客様の、おかげ スタッフ全員のおかげですね(縁起物|ABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログ Powered by Ameba)

大入り袋頂きました あれだけの連日の超満員でしたからね とにかく雰囲気の良い劇場でしたし、最高に楽しい3日間でした(大入り|清元一太夫 オフィシャルブログ 「はじめの一歩」 Powered by Ameba)
八千代座の大賑わいの様子、くまモンの活躍振り、こちらからも楽しませて頂きました。八千代座千穐楽おめでとうございます。

ようこそ歌舞伎へ 「瞼の母」獅童

「本番の舞台をご覧くださった後に“君はお母さん、お父さんのことが好きなんだね、そういう気持ちのある人じゃないと、こういう芝居はできない。本当に人を思いやる気持ち、人間らしい感情がないと世話物もできない。どんな嫌なことでも、いいことでも、全部役者の表現につながる…。人の気持ちがわかる、優しい気持ちが幹弘にはあるんだね”と、言ってくださったときは本当にうれしかったです」(歌舞伎美人 ようこそ歌舞伎へ「中村獅童」 2/4)
心に響くエピソードです。

「歌舞伎は“自分自身”です。自分が育ってきたところだし、演技はすべて歌舞伎で学びました。立廻りでも基本はすべて歌舞伎の演技法にあります。歌舞伎役者を名のっている以上は、歌舞伎で結果を出していかないといけません。もちろんテレビや映画に出ていなかったら、中村獅童という名も知られていなかったでしょうが、歌舞伎の中に自分にしかできないことがあるはずですし、探さなければいけないと思います」(歌舞伎美人 ようこそ歌舞伎へ「中村獅童」 4/4)
迷いのない潔い答えを聞いて嬉しいです。歌舞伎役者中村獅童、魅力ある役者として今後もとても楽しみです。

神秘的な玉三郎・水の精

(振り付け・寿輔)は「オンディーヌ」にヒントを得、旅人が水の精に惹(ひ)かれ、追っていくうちに入水するという内容。坂東玉三郎の水の精は、スーッとしたたたずまいが美しく、確かにそこに見えるのに、手を伸ばしても捕らえられない、この世の者ではない存在の神秘性を十二分に醸し出した。そして、可動域の広い腕のしなやかな動きがたゆたう水面や波のうねりなどを彷彿(ほうふつ)とさせた。(東京新聞:<評>東京文化会館「プレリュード」 神秘的な玉三郎・水の精:伝統芸能(TOKYO Web))
玉三郎の本領発揮という感じですね。

時蔵が昼夜 おかるを演じる

「勘平の鉄砲や刀の片付け、たばこ盆や手ぬぐい、足を洗う桶(おけ)の用意など、勘平を演じる方が小道具を扱いやすいように気を配りながら、かいがいしく演じます。ここは六代目尾上菊五郎のおじさまが作り上げた世話場。江戸時代に実際に生きているように、生活感を自然に表現できなければいけません」(東京新聞:<歌舞伎>時蔵が昼夜 おかる 歌舞伎座1日から「忠臣蔵」:伝統芸能(TOKYO Web))
最近は菊五郎の女房役が多いので、息の合った女房振りが期待です。

衛星劇場 今週の歌舞伎番組 28日~11月1日

28日
御摂勧進帳 芋洗い勧進帳
三津五郎・菊之助・團蔵・菊五郎
29日
三人吉三巴白浪 大川端
菊五郎・仁左衛門・幸四郎
切られお富
福助・橋之助・彌十郎・歌六
30日
越後獅子
富十郎
妹背山女庭訓 三笠山御殿
福助・染五郎・吉右衛門
31日
映画 京鹿子娘道成寺
六世歌右衛門
豊志賀の死
福助・勘太郎・梅枝・勘三郎
1日
伽羅先代萩 御殿 床下
藤十郎・時蔵・扇雀・孝太郎
幸四郎・吉右衛門
鶴寿千歳
藤十郎・魁春・染五郎

2013年10月27日日曜日

中村勘三郎さん一周忌で勘九郎・七之助・七緒八が演舞披露

昨年12月に亡くなった歌舞伎俳優の中村勘三郎さん(享年57)を偲ぶ『十八世 中村勘三郎 一周忌メモリアルイベント』が27日、東京・築地本願寺で行われ、息子の中村勘九郎、中村七之助、孫の七緒八くんによる歌舞伎舞踊「偲草鶴競猿若舞(しのびぐさつるくらべさるわかまい)」が披露された。七緒八くんは緊張した様子ながらも、見得を切る仕草もこなし、観客からは「中村屋」と屋号の掛け声が飛び交った。(中村勘三郎さん一周忌で勘九郎親子が演舞披露 七緒八くんも本番強さ見せた (中村勘九郎(六代目)) ニュース-ORICON STYLE-)

10月歌舞伎公演 国立劇場賞のお知らせ

○優秀賞    市川染五郎 (「一谷嫩軍記」の熊谷小次郎直家・無官太夫敦盛と「春興鏡獅子」の小姓弥生・獅子の精の演技に対して)
○奨励賞    市川笑也 (「一谷嫩軍記」の時忠息女玉織姫の演技に対して)
○特別賞    松本金太郎 (「春興鏡獅子」の胡蝶の精の演技に対して)
○特別賞    市川團子 (「春興鏡獅子」の胡蝶の精の演技に対して)(10月歌舞伎公演 国立劇場賞のお知らせ | 独立行政法人 日本芸術文化振興会)
胡蝶の二人は受賞確実と予想していました。

時蔵が「銀茶会オープニングセレモニー」に登場

ゲストとしてご挨拶に立った時蔵は、「私たち歌舞伎俳優、特に女方にとりまして、茶道は必修科目。忠臣蔵の外伝であります『松浦の太鼓』お縫という役は、舞台の上でお茶を点てます。『大石最後の一日』おみのは、内蔵助にお茶を差し上げ、内蔵助は作法どおりにそれをいただく。また、歌舞伎舞踊の代表的な『春興鏡獅子』では、袱紗捌き(ふくささばき)を華麗に見せます。そのために、私もお茶のお稽古をいたしました。お茶は心が豊かになります」と、歌舞伎と茶道との深いつながりについて話し、「今日は一日、楽しんでください」と結びました。(時蔵が「銀茶会オープニングセレモニー」に登場 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

2013年10月26日土曜日

EBIZO ICHIKAWAⅪ ARカード 出来ました

これで動画もバッチリみれますよ タダで配ってますよ 是非お試しを(ABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログ Powered by Ameba)
本日八千代座で配り始めたそうです。便利グッズですね。

熊本ニュース 山鹿市の八千代座で海老蔵江戸の粋見せる

公演に先立ち、海老蔵さんは「八千代座の親近感、密着度を大切にして、観客との距離を近づけていきたい」と語った。くまモンも応援に駆けつけ海老蔵さんと対面した。(海老蔵さん、江戸の粋見せる 八千代座で公演-熊本のニュース│ くまにちコム)
歌舞伎俳優というと気やすく近寄りがたい存在という認識を取り払い、観客との距離を近づけ舞台と観客が一体となって楽しんでもらいたいという思いが、この八千代座は特に実行出来ているのではないでしょうか。

住大夫、菊池寛賞受賞についてのコメント

菊池寛賞受賞についてのコメント
この度、様々な分野の方々と共に第61回菊池寛賞を受賞することになりました。文楽では初めてということで大変名誉なことと思っております。 これも今年1月の復帰以来、様々な面で励まし支えてくださった多くの皆様のおかげと感謝しております。 授賞理由の「戦後の文楽を牽引して」というのは数々の先輩方に対して畏れ多い気もいたしますが、これからも皆様のご期待に添えるよう精進して、よりよい舞台を勤めたいと思っております。 間もなく11月文楽公演の初日を迎えます。引き続きご支援のほどお願い致します。 ありがとうございました。                                           七世 竹本住大夫(竹本住大夫 菊池寛賞受賞についてのコメント | 独立行政法人 日本芸術文化振興会)
文楽では初めて・・・文楽に対する関心がもっと広がると良いと思います。

くまモン大人気!八千代座へ出没!

歌舞伎俳優、市川海老蔵さん企画の「古典への誘(いざな)い〜江戸の華〜」が始まる熊本県山鹿市の八千代座に25日、同県営業部長のくまモンが表敬訪問した。(くまモン:歌舞伎デビュー狙う? 市川海老蔵さんと対面- 毎日jp(毎日新聞))

海老蔵さんの公演「古典への誘い」で八千代座に伺っています! くまモンとチヨマツくんに会いました!!(三響會blog)

やっぱりくまモン(笑) どこ行ってもくまモン一色ですね(どこまでもくまモン|清元一太夫 オフィシャルブログ 「はじめの一歩」 Powered by Ameba)

速報!来年8月シアターコクーンで「炎立つ」愛之助出演!

来年の八月シアターコクーンにて(速報\(^o^)/|片岡愛之助オフィシャルブログ「気まぐれ愛之助日記」Powered by Ameba)
チラシがUPされています。

2013年10月24日木曜日

NHK Eテレ「てれび絵本 浮世絵えほん 東海道五十三次」再放送 毎週金曜日 午前6:40~午前6:45(5分)

今年3月に全10回で放送された番組を、10月18日~12月20日の毎週金曜日に再放送。子どもたちが愛する童話・絵本の世界を、その想像性豊かな原画と、音楽、ユニークな読み手で紹介し、「読み聞かせ」の魅力をあらためて子どもたちに伝える。テレビならではの映像手法と、絵本の持つ素材感のよさをミックスした親子で楽しめる番組。東海道の起点「日本橋」から 終点の「京都」、その間の53の宿駅を描いた浮世絵「東海道五十三次」。弥次さんと喜多さんの凸凹コンビが、幸せを求めて東海道の旅に出た。しかし そこに待ち受けていたものは 奇想天外な出来事や、おかしなキャラクターの数々。果たして二人は、無事京都までたどり着けるか?第2回のお話しは保土ヶ谷~小田原。語り手として市川笑三郎出演。(TV・映画情報|歌舞伎 on the web)

10月25日(金)6:40~6:45 NHK Eテレ「てれび絵本 浮世絵えほん 東海道五十三次(2)」(再放送)市川笑三郎(語り)出演(TV・映画情報|歌舞伎 on the web)

海老蔵「古典への誘い 江戸の華」ダイジェスト動画

いよいよ今週末で千秋楽を迎える「古典への誘い」ダイジェスト映像です!しっとりとした映像、どうぞお楽しみ下さい。 シェアして頂けると嬉しいです。(Ebizo Ichikawa XI 市川海老蔵(十一代目))

いま私が、各地を回っている古典への誘いですがダイジェスト版をFacebookで見れるようになりました(ご報告|ABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログ Powered by Ameba)

幸四郎落馬!?かすり傷ひとつなし!

この演目には、馬に乗って花道から登場する場面があるが、馬の中には黒子2人が中に入っており、前の1人がバランスを崩したことで、馬の背に乗っていた幸四郎が甲冑(かっちゅう)を付けたままずるずると、花道、客席合わせ約3メートル落ちてしまったという。  その上で松本は「舞台上では緊張感もあり、異様な力が出る。よじのぼってせりふを言い、馬くんに『大丈夫か?』と聞いた」と説明。舞台上には長男市川染五郎も出ており、「うまく芝居をつないでしてやったりという顔をしていました」と笑った。(〈速報〉松本幸四郎「痛みもありません」舞台転落 - 日刊スポーツ芸能速報 - 朝日新聞デジタル&M)
馬に乗っていて、花道下の客席までかなりありますよね。骨折もなく何よりです。

2013年10月23日水曜日

親子三人一緒・・・(秀太郎歌舞伎話)

今回ほどお客様の熱気に支えられて演じた事は初めてです。ことに「木の実」の親子三人での花道の引っ込み。喜んで楽しそうに拍手を送って下さるので、ホント花道の親子三人が、ほのぼのとした気分にならせて頂きます。そしてその楽しかった花道を「すしや」では倅善太とともに縄にかかり、舞台から見送る夫と目と目で別れを告げながら引かれていくのです。ついさっき、前の幕で親子三人幸せそうに入った揚げ幕に、こんどは可愛い善太と二人、哀しく入っていかなければならないのですが、この場面も地味なシーンなのに、お客様のから、湧いてくるような大きな拍手で送られるとき、小せんの哀しみと役者の歓びが一つになり、言葉に表せない幸せを感じます。何度かやらせて戴いている「小せん」ですが、今回ほど舞台に溶け込んで下さるお客様は初めてです。その大きな拍手は花道を行く 母と子に、そして堪えきれずに着物をかぶり、人知れず泣き伏している権太にも贈られている…、身体は離れていても、親子三人は一緒にいたのです…。(秀太郎歌舞伎話)
ともすれば、権太の一人芝居になるすしやですが、今月は見る側も親子三人の絆、愛に感動して、拍手をおくっている気がします。素晴らしい名作に、最高の舞台、いつまでも記憶に残ると思います。

勘十郎「明治座花形舞踊公演」への意気込みを語る

日本舞踊の藤間流の家元・藤間勘十郎(33)が22日、都内で懇親会を行い、プロデュースを手がける「明治座花形舞踊公演」(11月27、28日)への意気込みを語った。  公演には若手歌舞伎俳優の中村歌昇(24)、中村種之助(20)、大谷廣松(20)、中村隼人(19)も出演。平成生まれの4人がそろったとあって「歌舞伎界の踊りの名手を作ろうとこの4人に白羽の矢を立てました」と若いエネルギーに期待を寄せていた。(藤間勘十郎が若手4人に白羽の矢/芸能速報/デイリースポーツ online)
舞踊家と歌舞伎俳優のコラボ。
舞踊家:尾上菊之丞・花柳芳次郎・中村江梨・市川ぼたん・藤間勘十郎
歌舞伎俳優:歌昇・種之助・廣松・隼人
4人共平成生まれ、「歌舞伎界の踊りの名手を作ろうとこの4人に白羽の矢を立てました」と勘十郎がチョイス!乞うご期待!

公演の詳細は明治座サイトをご覧下さい。
舞踊家と歌舞伎俳優の華やかな競演(演目と配役 | 明治座 公式サイト)

文楽では初めて、竹本住大夫 菊池寛賞を受賞

第61回菊池寛賞(公益財団法人日本文学振興会主催)が10月15日に発表され、文楽大夫で人間国宝の竹本住大夫師が選ばれました。授賞理由は、「八十八歳のいまも文楽の人気太夫として活躍。戦後の文楽を牽引し、昨年、病気で倒れた後もリハビリを経て舞台に復帰、語り続ける情熱に対して」(第61回菊池寛賞ホームページ)です。文楽では初めての受賞となります。(竹本住大夫 菊池寛賞を受賞 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会)
リハビリに励んで復帰なさったのは凄いです。素晴らしいです。受賞おめでとうございます。これからも文楽の大夫としてご活躍下さい。

2013年10月22日火曜日

劇評:名古屋顔見世 日本特殊陶業市民会館 2013年10月

桐山健一・演劇ジャーナリスト
一見地味な顔ぶれだが、全5演目は興趣に富む。旬の華はともかく実力では負けてはいない中堅俳優らが充実の演技で奮闘している。(福助・橋之助の兄弟 奮闘:朝日新聞デジタル)
演目、出演者と充実した公演です。

歌舞伎座で12月に最新作「小さなおうち」プレミア開催

山田洋次監督の最新映画「小さいおうち」(2014年1月公開)のプレミアイベントが12月26日に歌舞伎座(東京都中央区)で開催されることが21日、分かった。今年4月にリニューアルされた新・歌舞伎座での映画上映は今回が初めてで、改築前から数えると「出口のない海」(06年9月公開)以来約7年ぶり。プレミアイベントでは、山田監督や出演者が登場する舞台あいさつも予定されている。(山田洋次監督:新・歌舞伎座で初の映画上映 12月に最新作「小さなおうち」プレミア開催 - 毎日jp(毎日新聞))
孝太郎さん、もちろん出演なさいますね。

児玉竜一の劇評 劇団新派「婦系図」 2013年10月 三越劇場 

清元や長唄が聞こえる設定をいかした演技、着物の扱い、髪すきの趣向などでは、歌舞伎俳優の強みがいきる。月乃助の、軽快で透明性のあるたたずまい。春猿の、鮮やかすぎる技巧の冴(さ)え。古典歌舞伎では持てあまし気味の美質が、ここでは十全に発揮されている。(劇団新派「婦系図」:朝日新聞デジタル)
新派も女優だけではなく、喜多村緑郎、花柳章太郎が築いた芸は、やはり女形が向いています。そんな事情もこの3人には打ってつけです。

『二月博多座大歌舞伎』 2014年2月 博多座 演目と配役

『二月博多座大歌舞伎』の主な出演者、演目が決定いたしました。 歌舞伎の魅力満載でお届けする、豪華舞台にご期待ください。(博多座)
東西の成駒屋といっても福助は襲名準備で不在。錦之助が参加です。錦之助の椀久は師富十郎 追善の気持ちで踊られるのかも知れません。

2013年10月21日月曜日

市村萬次郎、中村獅童、坂東巳之助出演 『母をたずねて膝栗毛』 2014年2月演舞場-6月大阪松竹座

2月の新橋演舞場に、寒さを吹き飛ばす笑いあり、涙ありの舞台が登場します。今回、マキノノゾミが手がけるこの新作喜劇に、奥田瑛二、藤山直美、水谷八重子といったさまざまなジャンルで活躍する俳優陣とともに市村萬次郎、中村獅童、坂東巳之助が出演、てんやわんやの物語を繰り広げます。6月には大阪松竹座でも上演。詳細は後日あらためてご紹介します。(市村萬次郎、中村獅童、坂東巳之助が舞台『母をたずねて膝栗毛』出演 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
新作喜劇、市村萬次郎に注目ですね。

大阪松竹座「十月花形歌舞伎」舞台動画を公開

片岡愛之助は昼の部について、「『大坂純情伝』は、近松の『女殺油地獄』にミュージカル的要素や洋舞的なものを取り入れ、また、人間設定も違っているので、まったく別のものと思って観てください。『三人連獅子』は松羽目の舞台ではなく、大きな石橋が出てくるものです。重要な前ジテの部分で、親子の心情や絆がわかりやすく描かれています」と紹介しました。下記のリンクより、昼の部、夜の部の映像をぜひご覧ください。(大阪松竹座「十月花形歌舞伎」舞台動画を公開 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
かなりたっぷり見られます。

新春浅草歌舞伎 2014年1月 浅草公会堂 演目と配役

新春浅草歌舞伎(歌舞伎美人 | 新春浅草歌舞伎の演目と配役)
待ってました!愛之助・猿之助・壱太郎に 歌昇・種之助・隼人・米吉・梅丸等若手出演。

2013年10月20日日曜日

衛星劇場 今週の歌舞伎番組21日~25日

21日
妹背山女庭訓 三笠山御殿
福助・染五郎・歌六・吉右衛門
22日
時今也桔梗旗揚
饗応・本能寺馬盥・愛宕山連歌
吉右衛門・幸四郎・歌六・芝雀・富十郎
23日
御摂勧進帳 色手綱恋の関札
松緑・亀三郎・亀寿・梅枝・菊之助
切られお富
福助・橋之助・彌十郎・歌六
24日
御摂勧進帳 芋洗い
三津五郎・菊之助・團蔵・菊五郎
高時
梅玉・魁春・彦三郎
25日
荒川の佐吉
仁左衛門・福助・孝太郎・染五郎・千之助
・段四郎・吉右衛門

楽屋の座布団(芝雀ブログ)

毎日愛用して居ります座布団。 座り心地もさることながら、柄も女形なので選んで居ります。 この柄は、今は閉店してしまいました「くのや」さんの代表的なお風呂敷の柄です。 とても素敵でしたので風呂敷を仕立て直して使って居ります。(楽屋の座布団 - 中村芝雀七世オフィシャルブログ)
ステキな柄ですね。くのやさん好きでした。閉店なされてさびしいです。

『CINEMA SQUARE Vol.55』に『利休にたずねよ』の記事掲載

『利休にたずねよ』 市川海老蔵(CINEMA SQUARE | 日之出出版公式ホームページ)

『CINEMA SQUARE Vol.55』に『利休にたずねよ』の記事が(新着情報 - 成田屋 市川團十郎・市川海老蔵 公式Webサイト)

弁慶の法螺貝&研修発表会「七段目」by米吉

お客様からもよく尋ねられますが、今月の『義経千本桜   大物浦』の幕切れ、 弁慶の引っ込みの法螺貝は、正真正銘、父本人が吹いております。   普段ですと下手の黒御簾で代わりに吹いてもらうのですが、父は初役の際に、気持ちがこもるからと、自分で吹き始めたそうです。 色々なやり方がありますが、あの引っ込みで弁慶本人が法螺貝を吹くのは自分位だ、と父は申しております。   ただ、この法螺貝はなかなかのくせ者で、ぼくもこっそりやってみましたが、なかなか綺麗な音が出ないんです!   ですから父も出の前に楽屋で一度吹くのを、日課にしてます。(歌舞伎役者 中村歌六 米吉 龍之助|オフィシャルサイト | Category Archives: ブログ)
ご本人が吹くと気持ちがこもって良いですね。

『仮名手本忠臣蔵 七段目』  従兄弟の歌昇兄さんの由良之助 種之助の平右衛門 そして私のお軽。 と、播磨屋若手3人でさせていただきます。 そして、私と同い年の隼人、廣松 に名題さん、名題下さんら、お弟子さんたちでの踊りが上演されます。 身に余る大役に今から緊張しておりますが、先輩方によく教わって、精一杯勤めたいと思っております。 何卒皆さまお誘いあわせの上、是非ともお運びください。(歌舞伎役者 中村歌六 米吉 龍之助|オフィシャルサイト | Category Archives: ブログ)
米吉さんのおかる、期待してます。

花形、奮闘の秋 勘九郎・七之助&弘太郎

今回はその本願寺に特設野外ステージを設え、勘九郎と七之助、勘九郎の長男の七緒八(なおや)(2)による舞踊「偲草鶴競猿若舞(しのびくさつるくらべさるわかまい)」のほか、フジテレビが10年以上、勘三郎家に密着した映像を編集した「映画 中村勘三郎」(12月公開予定)のダイジェスト版を上映する。さらに、勘三郎と親しかった落語家の笑福亭鶴瓶(しょうふくていつるべ)(61)、女優の大竹しのぶ(56)らが出演し、勘三郎をしのぶトークショーを行う。

初自主公演は二部構成で、自ら「歌舞伎の見方」に登場し、初心者向けの解説を行った後、大名と太郎冠者が醜女(しこめ)と美女をそれぞれ釣ってしまう舞踊劇「釣女(つりおんな)」に太郎冠者で出演する。(「花形」奮闘の秋 勘九郎・七之助 勘三郎一周忌 メモリアルイベント+(2/2ページ) - MSN産経ニュース)

上村以和於の今月の舞台から 2013年10月

芝雀の典侍の局を見ながら、いまこの芸の旬の季節にあるときに、雀右衛門襲名ということが考えられていい筈だと思った。これほど、何をさせても高いレベルで安定した実力を見せる人は他にはない。プロ野球なら、毎シーズン常に3割をキープして打撃十傑に顔を連ねている好打者のごとき存在であろう。(演劇評論家 上村以和於オフィシャルサイト)
歌舞伎座の評は既に読んでいますが、国立劇場、三越の新派の評も書いています。芝雀の存在はもっと評価されても良いのではと私も同感です。丸本物でも、世話物でも、宇野信夫の「ひと夜」の大正時代の女も出来るのですから、実力派です。

2013年10月19日土曜日

吉右衛門 12月歌舞伎公演“知られざる忠臣蔵” 記者会見

10月10日(木)、12月歌舞伎公演の記者会見が行われ、『主税と右衛門七』の演出を担当する織田紘二、『弥作の鎌腹』で主人公の百姓弥作を勤めるとともに、松貫四として監修を担当する中村吉右衛門、『忠臣蔵形容画合』の振付とともに作曲を担当する藤間勘十郎が、今公演の魅力や見どころについて語りました。(吉右衛門 12月歌舞伎公演“知られざる忠臣蔵” 記者会見を行いました  | 独立行政法人 日本芸術文化振興会)

古典芸能ワークショップ おはなしに音をつけよう-囃子方のしごと- 監修:田中傳左衛門、講師:田中傳次郎

神奈川芸術劇場にて昨年ご好評を頂きました、 古典芸能ワークショップ「おはなしに音をつけよう」。 今年はおとなクラスも増えました。 毎回、定員は15名様となります。 古典芸能ワークショップ おはなしに音をつけよう-囃子方のしごと- 11月17日 http://www.kaat.jp/detail?id=32291#.Ul0oo1AvmkE 11月24日 http://www.kaat.jp/detail?id=32292#.Ul0pXVAvmkE(三響會blog)

【ワークショップ内容】 歌舞伎の舞台では、お芝居の音楽を担当する「囃子方(はやしかた)」とよばれる人たちが活躍しています。雨や雪などの自然現象を描写したり、合戦、お祭りなどの場面や状況を「音」で表現し、お芝居や踊りを盛り上げる重要な役割を担っています。 本ワークショップは、その囃子方を講師に迎え、実際の歌舞伎でも使用されている笛や太鼓、鼓などを使い、みなさん誰もが知っているようなおはなしに「音をつける」という作業に挑戦していただく企画です。(古典芸能ワークショップ おはなしに音をつけよう-囃子方のしごと- 11/17(日)クラスⅠ|KAAT 神奈川芸術劇場)
チケットの申込はサイトでご確認下さい。

気になリスト:中村梅枝 女形の成長株

抜てきしたのは片岡仁左衛門だ。仁左衛門はいがみの権太で同じ舞台に立つ。「稽古初日、松嶋屋のおじさま(仁左衛門)に『楽屋に来ぃや』と言われ行きましたら、せりふを全部言って教えてくださいました。幕が開いても毎日、小道具の使い方から立ち居振る舞いまで教えてもらっています。褒めてもらうこと? ないです、ないです」。  小金吾と格闘する毎日で立ち役の楽しさを再認識した。「やっぱり最終的に幕を閉めるのは立ち役ですから楽しい。小金吾以上に強い立ち役にまで広げるつもりはないですけど(『菅原伝授手習鑑』の)桜丸、『御存鈴ケ森』の白井権八をやってみたいと思います」。  
最近はドラマや映画など異なる分野で活躍する歌舞伎俳優が注目されている。「僕は歌舞伎一本でいけるならそうしたい。僕たちの世代の歌舞伎を作り上げたい」と頼もしく語った。【小林千穂】(女形の成長株 中村梅枝/気になリスト - 芸能ニュース : nikkansports.com)
小金吾とても良いです。仁左衛門さんの抜てきだそうです。桜丸、権八、も見たいです。 “僕たちの世代の歌舞伎”頼もしい発言です。

愛之助が大阪松竹座でサプライズイベント

10月18日(金)、大阪松竹座「十月花形歌舞伎」に出演中の片岡愛之助が、サプライズイベントに登場し、お客様に感謝の御礼ご挨拶を行いました。(愛之助が大阪松竹座でサプライズイベント | 歌舞伎美人(かぶきびと))
すごい人!盛り上がったことでしょう。

GFWで銀座三越が「藤娘」「勧進帳」など歌舞伎デザインをドレスや雑貨に

銀座ファッションウィーク(GFW)の一環として、これまで歌舞伎の衣装にだけ使用されてきた舞台衣装のテキスタイルを使用した、1点モノのドレスや雑貨などを紹介する「GFW銀座リ・デザイン展~歌舞伎衣装との共演」 が、銀座三越9階テラス/テラスコートで開催されている。

同展は本来歌舞伎の演目で演者の衣装としてしか着ることのない、「藤娘」「土蜘」や「勧進帳」の武蔵坊弁慶の“翁格子”と呼ばれる正絹の反物をサポートサーフェス、タロウホリウチ、フリッカ、サカヨリ、アカネウツノミヤなどの日本のデザイナーが、1点物のコレクションを作成し、展示販売されている。(GFWで銀座三越が「藤娘」「勧進帳」など歌舞伎デザインをファッションに | ファッショントレンドニュース|FASHION HEADLINE)
古着のリメイクではなく、歌舞伎衣裳を洋服にデザインしたり、バッグにしたり、結構お高いでしょうね。

2013年10月18日金曜日

平成25年度(第12回)研修発表会が開催されます

平成25年12月14日(土)、国立劇場大劇場にて、「第12回 伝統歌舞伎保存会 研修発表会」が開催されます。  今回の演目は、『仮名手本忠臣蔵-七段目-』『乗合船恵方万歳』。中村歌昇、中村米吉、中村種之助、中村隼人、大谷廣松ら、若手俳優が中心となり、大役に挑む楽しみな公演です。担当理事で監修を勤める中村吉右衛門が公演への思いを語りました。(トピックス|歌舞伎 on the web)
 12月14日という記念日に開催されます。

国立劇場12月歌舞伎公演 記者会見

公演に先立ち記者会見が行なわれ、松貫四として『弥作の鎌腹』の監修も勤める中村吉右衛門、『忠臣蔵形容画合』振付の藤間勘十郎、『主税と右衛門七』演出の織田紘二が公演への思いを語りました。(トピックス|歌舞伎 on the web)
今回のような企画は大賛成です。師走といえば忠臣蔵、歌舞伎座では本編、国立では知られざる忠臣蔵、どちらも楽しみです。

鏡獅子の「露の拍子」について(傳左衛門日記)

或時、松竹座のこけら落とし辺りか、静寂の中の調べの音が更に静寂を喚ぶ感覚に襲われ、間を溜めて強い弱音を響かせる遣り方でやった時、中村屋に「あのイキとあのポンだ!今までずっと鏡獅子やってきたけど、初めて露の意味が解った!誰が何と言おうと今後はあれで!」と、自分で申すは気恥ずかしいが、ベタ誉め。

去年の勘九郎襲名で「鏡獅子」を野田秀樹さんと御覧になられたキャサリン・ハンターさんが開口一番「あそこは深い山の中の、花に水気が集まって垂れる音ね!」と、何の予備知識も解説も無く感想を仰っていたので、取り敢えず意図した通り伝わるようにはなってきたか。
それにしても現在は染五郎さん海老蔵さん猿之助さん、勿論勘九郎さん兄弟に菊之助さんと、「鏡獅子」を踊る技術と資格を持つ役者さんが大勢居る。 中村屋から頂戴した遺産を発揮する機会を多く頂くのは、本当に有難いことである。 こんなに早く「遺産」になると思わなかったが。(三響會blog)
静寂の中の調べの音。獅子が出てくる前の演出、最高です。

幼少から厳しく仕込まれているだけあって、金太郎君の胡蝶が品も行儀も良い。楽屋での挨拶からして、やはり違う。(三響會blog)
金太郎君の胡蝶、後半に観劇予定ですが、楽しみです。

2013年10月17日木曜日

明日18日NHK総合22:00~ファミリーヒストリー「中村獅童~名門の宿命に屈しない覚悟~」

ファミリーヒストリー「中村獅童~名門の宿命に屈しない覚悟~」(NHK 番組表 | ファミリーヒストリー「中村獅童~名門の宿命に屈しない覚悟~」 | 獅童は、華やかな家系に生まれながらも、大部屋からはい上がった。そこには父が起こしたある事件。一門の掲げたある執念が関わっていた。宿命に屈しないルーツが明らかに。)
明日です。お忘れなく。

京都芸術劇場 春秋座 「猿之助への軌跡展」のお知らせ

京都芸術劇場 春秋座 「猿之助への軌跡展」

二代目市川亀治郎時代を経て四代目襲名に至るまでの舞台写真を中心にその足跡を辿り、ここでしか見られない「亀治郎の会」での姿や、芸術監督就任記者発表の様子も交え、猿之助の魅力を存分に堪能していただけます。 また、「義経千本桜・川連法眼館(通称・四ノ切)」の稽古から本番までを収めた45分のドキュメンタリーフィルム「KABUKU」も上映!(京都芸術劇場 春秋座 「猿之助への軌跡展」 : 最新情報 : 市川猿之助公式サイト)
ちょうど12月ですから南座の観劇と合わせて行かれると良いと思います。

2013年10月16日水曜日

海老蔵クリアファイル Ebizo Folder(海老蔵Facebookより)

公演でグッズとしてクリアファイルを販売しております。 10月23日のトークショーでも販売予定です! そして、近いうちにオンラインでもご購入頂ける様準備中です。 白黒のシックなデザインなので使いやすいと思います、是非どうぞ!(海老蔵クリアファイル Ebizo Folder)
クリアファイルの新作だそうです。横向きステキですね。

染五郎の言いたい放談 春興鏡獅子 東京新聞10月16日付

今月国立劇場でつとめている「春興鏡獅子」についてです。少し長くなりますが、どれだけ大変な踊かをご理解頂く為書くことにします。
精神的にも体力的にもすこぶる高度なものが必要とされる大曲です。僕の大好きなおどりであり、数を重ねていきたい大事な作品です。
自分の持っている力を出し切る。これがとても難しいことだと痛感しながらつとめています。体の芯、体幹を使っておどる。これが苦しいのです。長時間のおどりとなると、弱い自分が出てきて、自分の力をセーブしてしまうのです。そこをもう一踏ん張りして出し切る。自分との戦いのような気がします。
ひたすら稽古を積んでいくことが、おどるための筋力を養い、二枚腰と言われる体を作っていくことになるのですが、スポーツ選手並みの運動量になるので、あらゆるアイテムに助けてもらっています。ウオーミングアップジェル、サポーター、テーピング、サプリ、栄養ドリンク、ハチミツ漬けレモンなど。まだまだあります。たくさん使えばよいわけではないのはわかっています。これだけ使うとどれに効き目があるのか正直わかりません。
もとい!自分を出し切るのだという気力を持ち、集中しておどり抜きたいと思っています。帰宅したらお灸というごほうびが待っているし、塩風呂で明日に備えます。
おどりは、ひたすら踊りこむということにつきますね。長い曲ですから力のバランスをうまく配分するのも、何回もおどらないと分かりませんし、前シテの後には後シテが待っていますからね。染五郎さんの助けてもらうアイテム、藁をも掴む思い!・・・どれだけ大変なおどりか想像つくと思います。

今日の予定だった「豊竹山城少掾を語る」講座は12月16日に延期

台風のため開催を12月16日(月)に延期いたします!(早稲田大学坪内博士記念 演劇博物館 | イベント案内)
延期の日時のお知らせです。

鳥居前の弁慶の“鳥居隈”(亀三郎のツィッター)

これは鳥居隈って言う隈だよ。 横線二本と目頭側の縦線二本で鳥居みたいにみえるでしょ!(Twitter)
本当に鳥居に見える!こういうご紹介うれしいですね。

シネマ歌舞伎 春興鏡獅子

2012年にこの世を去った十八代目中村勘三郎の有名な演目「春興鏡獅子」の、17回目にして最後の舞台を収録したシネマ歌舞伎シリーズ第20弾。2009年に行われた「歌舞伎座さよなら公演」で披露した、勘三郎の心と技と鍛錬が生んだ最高の舞台を余すところなく映し出す。ベテランの中村歌江や中村吉之丞らが豪華共演。伝統の技が1人の役者の体を通してよみがえる名演、堂々たる獅子舞の迫力に圧倒される。(映画『シネマ歌舞伎 春興鏡獅子』 - シネマトゥデイ)
公開は11月30日。もうすぐ一周忌ですね。シネマ歌舞伎 春興鏡獅子を見てご供養致しましょう。

国立大劇場「十一月歌舞伎公演」伊賀越道中双六

敵討ちまでを双六(すごろく)に見立てた全十段の長い物語だが、今回は発端の殺害が起きる「鎌倉和田行家(ゆきえ)屋敷」から、父を殺された志津馬の義兄・唐木政右衛門(荒木又右衛門)が敵討ちを決意して妻を離縁する「大和郡山政右衛門屋敷」、脇筋ながら親子の情愛がたっぷりと描かれる名場面「沼津」、大詰(おおづめ)の伊賀上野の敵討ちまでが上演される。(東京新聞:<歌舞伎>鴈治郎家が「伊賀越」 国立大劇場「十一月公演」:伝統芸能(TOKYO Web))
伊賀越道中双六は、外題が示すように、すごろくになっているのです。敵討をして上がり!順を追って見ると分かり良いでしょう。親子三代の共演というのも話題です。

幕の内外 馬の演技

馬の脚を演じる役者さんには、特別手当が出るのが慣例。その名も「飼葉料(かいばりょう)」と呼ばれています。(東京新聞:<幕の内外>馬の演技 役者に「飼葉料」支給:伝統芸能(TOKYO Web))
先月の「馬盗人」では 馬の足に大和と八大が大活躍で面白かったですね。「飼葉料」をたっぷり頂いたかな!

長谷部浩の劇評 2013年10月 歌舞伎座

「道行」は忠信の菊五郎に、藤十郎の静御前。女雛男雛(めびなおびな)の件、寄り添う忠信に心の震えが感じられる。また「戦物語(いくさものがたり)」の冒頭、しばし目を閉じ黙するとき戦場の情景が広がる。(東京新聞:<評>涙を誘う仁左衛門・権太 歌舞伎座「芸術祭十月大歌舞伎」:伝統芸能(TOKYO Web))
昔は型から役に入っておりましたが、今は心から役に入り体が後で付いてくるという感じです。(「菊五郎・菊之助 役者のことば」音羽屋 尾上菊五郎/菊之助 オフィシャルサイト)
ご本人が仰っているように心が確かに生きています。そしてセリフがすごくよくてウキウキします。(山も霞みて、けさーあわ、みゆうらん)
吉右衛門のスケールの大きい知盛はどなたも絶賛!仁左衛門の涙を誘う上方風権太も好評。水準の高い舞台を見ると満足感で“歌舞伎って良いですね” とつくづく思います。

【号外】早稲田大学演劇博物館メールニュース

明日(10/16)開催予定の「豊竹山城少掾展」関連演劇講座               『豊竹山城少掾を語る』の延期について(Outlook - sachigiku@hotmail.com)
16日開催予定の『豊竹山城少掾を語る』の講座は台風の為延期 になりました。日程を調整し、決まりましたらお知らせするとのことです。行く予定にしていた方は無駄足にならないようにご注意下さい。

2013年10月15日火曜日

今日は父の誕生日by米吉

今日、10月14日は父の63回目の誕生日でした!   父の誕生日は毎年家ですき焼きと決まっていて、今日も家族四人ですき焼きを堪能しました(´∇`)   食後は誕生日ケーキ!(歌舞伎役者 中村歌六 米吉 龍之助|オフィシャルサイト | Category Archives: ブログ)
東京公演で良かったですね。とてもステキなご家族。歌六さん、サザエさんのTシャツ!お似合いです。

2013年10月14日月曜日

15日BS日テレ20:00~わが心の聖地~思いの道 願いの道~ 獅童出演

わが心の聖地~思いの道 願いの道~あなたにとっての心の聖地は何処ですか? 2013年10月15日(火)  20時00分~20時54分
歌舞伎俳優中村獅童が母の故郷、京都伏見へ。母の勧めで訪れた伏見稲荷大社、お山巡りで自らの役者人生を振り返り、これからの道を探し求め、数々の鳥居、お塚が出迎える…(わが心の聖地〜思いの道 願いの道〜 - Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表])

天野道映の劇評 2013年10月 歌舞伎座

名作「義経千本桜」昼夜の通し。大立者がそろい、平成歌舞伎の輝きを見る思いがする。(朝日新聞デジタル:歌舞伎座「十月大歌舞伎」)
身体的にはかなり大変だと思いますが、三役とも心情が際立ち見応えあります。

本日、中日を迎えました(秀太郎歌舞伎話)

今日13日、無事に歌舞伎座の中日を迎えました。「木の実・すしや」の小せんは7回目らしいですが、毎回新鮮な気持ちで舞台を勤められるのは、とても幸せな事だと思います。「ワル」でいて「情のある」可愛い権太が善太を可愛がるシーンを見ているのがとても幸せです。そんな権太を演じている仁左衛門と、このあと半年さきまで一緒に芝居出来なくなると思うととても寂しいです。今月の残り12日、心を込めて「小せん」を勤めます。(秀太郎歌舞伎話)
私も「木の実」、 権太が善太を可愛がる様子をいつも微笑ましく見ています。小せんとの花道引込みのところも良い夫婦ぶりに心和みます。仁左衛門さんと半年の間お会い出来なくなりますが、長いようで、案外アッという間だと思います。

劇評(大矢芳弘)国立劇場 2013年10月

松本幸四郎の熊谷と、市川染五郎の敦盛(実は小次郎)は、円熟を極める父と進境著しい息子が共演する今日絶好の配役。熊谷親子が戦場で手柄に飢えた武将たちをだますと同時に、幸四郎親子は肚はら芸で観客を感動させなければならない。幸四郎は優しい親の真情に満ちている。([評]「一谷嫩軍記」(国立劇場十月歌舞伎公演) : 伝統芸 : 舞台・伝統芸 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))
実の親子、感情移入しやすいでしょうね。

2013年10月13日日曜日

皆様の清き一票をお願いします(くろごちゃんより)

くろごちゃん「ゆるキャラグランプリ2013」にエントリー!(くろごちゃんゆるキャラグランプリ2013参加決定! | 独立行政法人 日本芸術文化振興会)
国立劇場を歌舞伎を宣伝してくれるくろごちゃん、応援しましょう!パソコン、スマートフォン、携帯電話から投票出来ます。

衛星劇場 今週の歌舞伎番組 14日~18日

14日
竜馬が行く 立志篇
染五郎・歌昇・歌六
君が代松竹梅
錦之助・進之介・愛之助
15日
竜馬が行く 風雲篇
染五郎・亀治郎・松緑
越後獅子
富十郎
16日
竜馬が行く 最後の一日
染五郎・松緑・高麗蔵
英執着獅子
福助
17日
仮名手本忠臣蔵 七段目
白鸚・松緑・吉右衛門・歌右衛門
1981年10月 歌舞伎座
18日
豊志賀の死
福助・勘太郎・梅枝・勘三郎
廓三番叟
芝雀・亀治郎・翫雀

14日MBS毎日放送19:00~水野真紀の魔法のレストラン 愛之助出演

今回の「魔法のレストランR」は、阪急京都線沿線のお店徹底取材!各店に隠された“謎”を徹底調査!調査するのは…そう、オネエ国税局員?片岡愛之助!番組史上最珍名店!“くそオヤジの最後の○○○○”TKO、安田美沙子は分かるのか?中村玉緒も驚愕!?大スター勝新太郎をよく知る謎の男が登場!更にブラックマヨネーズ小杉が19年前にバイトしていた“謎の店”が!!石塚英彦は、女湯から聞こえる“謎の鼻歌”にドキドキ…新・100人の料理人は、「ねぎ焼きやまもと」の3姉妹の波瀾万丈物語。ねぎ焼き誕生秘話…知られざる過去が明らかに!更に更に、HERO’sレシピは佐々木浩が教える“ちらし寿司”!お楽しみに~!!(水野真紀の魔法のレストラン|MBS毎日放送)
亀鶴さんも出られるそうです。

菊五郎の役者の言葉 2013年10月

やはり、スッポンからの”出”は一番緊張致します。主従の関係を心しながらも、前半の重い空気を変えて道行は華やかに、そして、皆様にうきうきして頂けますよう演じております。昔は型から役に入っておりましたが、今は心から役に入り体が後で付いてくるという感じです。(「菊五郎・菊之助 役者のことば」音羽屋 尾上菊五郎/菊之助 オフィシャルサイト)
花道スッポンの出はいつもワクワクします。華やかで色気があって、一瞬にして空気が変わります。ここらが芸の力なのでしょう。

犬丸治の劇評 2013年10月 歌舞伎座

三者三様の充実した芸境。作を貫く、変わらぬ情愛の世界を浮き彫りにした。([評]通し狂言 義経千本桜(芸術祭十月大歌舞伎、松竹) : 伝統芸 : 舞台・伝統芸 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))
戦争の悲惨を一本の太い筆勢で描く 

源氏・平氏の相克で妻子を犠牲にし、自らも父の手にかかる悲劇を好演 

鼓を慕う述懐が的確で、その姿に、義経が戦に明け暮れる人間界の無常を悟る

「義経千本桜」という名作は、戦争の悲惨さ、戦争による悲劇、無常観を浮き彫りに描かれていることが通しで見るとよく分かります。そして狐忠信では親子の愛情を強く表現し、人間に大切なものは何かを教えてくれます。三人の力演で、この大作がより深く鑑賞出来ます。

紀尾井 江戸 邦楽の風景 (九)向島のお知らせ

隅田川の向こう側という江戸っ子の別天地、また落語の聖地「向島」を探ります。 対談では現在刊行中の『円朝全集』の編集者も務めている延広真治氏をお迎えします。山田流箏曲、東明流で江戸っ子の別天地「向島」に遊び、最後に三遊亭吉窓の落語をお楽しみください。(紀尾井 江戸 邦楽の風景 (九)向島 | 紀尾井ホール)
2013年11月28日(木) 開演:18時30分
主催公演、テーマを決めシリーズでお楽しみ頂くもので、今回は「向島」です。

芝雀ブログ、番頭の白鳥さんが随時更新予定

本日より番頭・白鳥が、若旦那(芝雀)の拵えや楽屋の様子などを皆様にお伝えしてまいります。 どうぞ宜しくお願いいたします。 まずは今月の『義経千本桜』渡海屋:女房お柳の拵えです。 今回のお役は初役です。いつになく緊張していらっしゃるような気もいたします・・・ 引き続き若旦那からのブログ更新も楽しみにお待ちくださいませ!(<番頭通信> 今月の拵えです - 中村芝雀七世オフィシャルブログ)
芝雀さんの撮る写真も素晴らしいですが、お役の写真が見られるのもうれしいです。楽しみが増えます。

2013年10月12日土曜日

18日NHK総合22:00~ファミリーヒストリー「中村獅童~名門の宿命に屈しない覚悟~」

ファミリーヒストリー「中村獅童~名門の宿命に屈しない覚悟~」(NHK 番組表 | ファミリーヒストリー「中村獅童~名門の宿命に屈しない覚悟~」 | 獅童は、華やかな家系に生まれながらも、大部屋からはい上がった。そこには父が起こしたある事件。一門の掲げたある執念が関わっていた。宿命に屈しないルーツが明らかに。)

歌舞伎役者・中村獅童は、華やかな家系に生まれながらも、大部屋からはい上がった遅咲きの役者。そこには歌舞伎界を揺るがす、ある事件が関わっていた。それをきっかけに父は歌舞伎役者をやめ、映画界で弟・錦之助を支えることになる。昭和の大スター中村錦之助誕生の秘話が明らかになる。そして、屋号「萬屋」の謎。150年の歳月を経て、一門が掲げた執念とは何か。獅童は自らのルーツを知り、さらなる飛躍につなげたいという。(ファミリーヒストリー「中村獅童~名門の宿命に屈しない覚悟~」 - NHK)
 ファミリーヒストリー新シリーズ3話目は獅童。興味津々です。

2013年10月11日金曜日

御園座「錦秋顔見世」福助さんと橋之助さんがトーク 

名古屋・金山の日本特殊陶業市民会館で開かれている御園座の歌舞伎公演「錦秋名古屋顔見世」(中日新聞社主催)で11日、夜の部の終演後にトークショー「歌舞伎の世界への誘いスペシャルナイト」が開かれ、900人が花形役者の話に聞き入った。(中日新聞:福助さんと橋之助さんがトーク 御園座「錦秋顔見世」:話題のニュース(CHUNICHI Web))

十二月大歌舞伎 配役変更のお知らせ

【昼の部】通し狂言『仮名手本忠臣蔵』   大序・三段目                   高師直   市川海老蔵(坂東三津五郎休演に伴う「十二月大歌舞伎」配役変更のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
松の廊下、刃傷の場では海老蔵・菊之助のバトル!

歌舞伎座十二月大歌舞伎チラシ更新

十二月大歌舞伎(十二月大歌舞伎 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
高師直は海老蔵です。

12月国立劇場「知られざる忠臣蔵」と銘打ち会見、自ら味覚障害と報告

吉右衛門はこの日、都内で、12月の国立劇場の公演について会見した。「知られざる忠臣蔵」と銘打ち、「主税と右衛門七」「弥作の鎌腹」、舞踊「忠臣蔵形容画合」が上演される。会見で「変な病を得たが、体がきちっとなったら戯曲を作りたい」と話し、終了後「味覚障害です」と自らの口で体調不良を説明した。(中村吉右衛門が味覚障害 甘み以外鈍く - 日刊スポーツ芸能ニュース - 朝日新聞デジタル&M)
今年の暑さは凄かったですから、移動の多い巡業は身体がおかしくなる訳です。好物が食べられなくてカワイソウ!来月も大役、12月も座頭ですからね、いつ休めるのかな!

松也の今月のインタビュー 2013年10月 「七年ごとの成長記録 28歳になりました」について

先日NHKテレビで放送された「七年(ななねん)ごとの成長記録 28歳になりました」のご出演について語って頂きます。(尾上松也公式サイト|Onoe Matsuya Official Website)
とても興味深い番組でした。13人の中に松也さんが選ばれたことは良かったと思います。父を亡くした直後の21歳の時のは印象的でした。あと7歳の時のお稽古風景、松助さんが「右のあんよ・・・」と言っていたのが何とも微笑ましかったです。次回35歳の時はファミリー紹介になるのかな?

12日TBS8:00~知っとこ!愛之助出演

 知っとこ! 放送局:MBS TBS系列 大阪松竹座「十月花形歌舞伎」出演の片岡愛之助が、公演について語る。 出演:片岡愛之助(テレビ出演情報(10/9更新) | 歌舞伎美人(かぶきびと))

知っとこ! 2013年10月12日(土)  8時00分~9時25分(知っとこ! - Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表])

2013年10月10日木曜日

錦秋の浜町・明治座でかぶく! 制作発表レポート 第一弾 獅童・右近・笑也・松也

花形役者のエネルギーの詰まった明治座花形歌舞伎。 是非ご期待下さい!(スペシャル | 明治座 公式サイト)
皆さんが仰っているように、非常に分かりやすく又楽しい演目です。

上村以和於の劇評 2013年10月 歌舞伎座

以上の全編を貫いて梅玉の義経が流浪する貴人の哀感をもって、それぞれの場をタイトルロールとしての余韻をもって締めくくる。(歌舞伎座10月公演「義経千本桜」 当代あたう限りの顔合わせ :日本経済新聞)
当代あたう限りの顔合わせという上村氏の言葉通り、今月は是非見に行って頂きたいです。

歌舞伎座 吉例顔見世大歌舞伎 チラシ更新

吉例顔見世大歌舞伎 平成25年11月1日(金)~25日(月)(吉例顔見世大歌舞伎 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
芝居絵の7場面が見られます。

2013年10月9日水曜日

中村獅童の丸の内グルメ道

中村獅童の丸の内グルメ道|丸ビル(中村獅童の丸の内グルメ道|丸ビル)
食欲の秋!丸ビルでお食事の時にはチェック!

海老蔵Facebookに「古典への誘い」の写真11枚UPしてます

「古典への誘い」ーInvitation to Classicsー at Asakusa-Kokaido (写真11枚)(Ebizo Ichikawa XI 市川海老蔵(十一代目))

猿之助、中車「吉例顔見世興行」動画メッセージ公開

公演中に「四の切」上演200回を迎える猿之助と、顔見世初登場となる中車が出演するのは、大劇場での襲名披露興行の掉尾を飾る「當る午年 吉例顔見世興行」。襲名披露、そして京都での顔見世に対する思いを、熱く語る二人のメッセージです。(猿之助、中車「吉例顔見世興行」動画メッセージ公開 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
動画でコメントが聞けます。

南座 吉例顔見世興行チラシ更新

當る午歳 吉例顔見世興行(吉例顔見世興行 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

巡業 松竹大歌舞伎 チラシ更新

松竹大歌舞伎(松竹大歌舞伎 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
菊之助の生島新五郎になっています。

愛之助、優香、三谷幸喜舞台出演へ

愛之助は以前から三谷作品出演を熱望していた。稽古で約3カ月間のスケジュールを空ける必要があり、歌舞伎の仕事を考えると、実現は難しかった。今年3月に出演依頼が届くと「『絶対やりたい!』という思いに駆られて関係者に直談判してしまいました」。舞台は「ジキル博士とハイド氏」を題材にしたコメディー。愛之助は主人公ジキル博士役。大阪出身らしく「関西の血が騒ぎ始めております」と燃えている。
三谷氏は「彼がひたすら真面目に演じる時、そこにはほのかなおかしみが生まれます。僕の直感ですが愛之助さんは絶対コメディーに向いていると思います」。(愛之助、優香、三谷幸喜舞台出演へ - 日刊スポーツ芸能ニュース - 朝日新聞デジタル&M)
上方テイストのコメディ!面白そうですね。

松井今朝子さんから大谷図書館の宣伝です

一応松竹から独立した公益財団法人であり、常に運営費不足に悩まされ続けていて、現在寄付を募っているので、ご理解のある方にはご協力が戴けるよう、下記に募金サイトのアドレスをアップしておきます。寄付すれば同図書館のオリジナルグッズがもらえたり、台本やシナリオのカバーに自分の名前を残してもらえたりといった魅力的な見返りもあるので、どうぞご覧になってください。(松井今朝子ホームページ)
【歌舞伎台本】  作品リストは【こちら】からご覧ください。 今年4月に再開場した歌舞伎座の新開場柿葺落記念興行の上演台本を中心とした歌舞伎台本のカバー(【第2弾】歌舞伎や映画、大切な日本の文化を次世代に残す。(須貝弥生) - READYFOR?)
つい先月のもあります。海老蔵の自主公演の台本もあります。過去の資料というイメージがありますが、ごく最近のものも確認したくなったらここへ行けば分かるのはうれしいです。
寄付をするといろいろ特典があるようです。よくご覧下さい。

市川猿之助ふたつの舞台写真展 「お梶とシャイロック」

この度移転しリニューアルオープン致しますブックカフェ・エスパス・ビブリオ内「亀治郎ギャラリー」にて写真展が開催されます!
四代目市川猿之助による8月大阪の国立文楽劇場、「夏祭女団七」での久々の女形「お梶」と、9月彩の国芸術劇場、「ヴェニスの商人」の男役「シャイロック」歌舞伎とシェイクスピア、東西二大演劇の舞台で男と女を見事に演じ別けた猿之助渾身の舞台写真を展示。 この機会にぜひご鑑賞下さい。
市川猿之助ふたつの舞台写真展 「お梶とシャイロック」 撮影 齋藤芳弘
開催期間:10月19日(土)~10月29(火) (※10/19 14:00~17:00 10/20 14:00~17:00 10/26 14:30~16:30は 別イベント開催の為、写真展はクローズ致します。) 入場無料 
会場:ブックカフェ・エスパスビブリオ内亀治郎ギャラリー 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-7-10 YK駿河台ビルB1F (JR御茶ノ水駅 御茶ノ水橋口から徒歩7分)(市川猿之助ふたつの舞台写真展 「お梶とシャイロック」 : 最新情報 : 市川猿之助公式サイト)
これは同じ人とは思えない変身、というかどちらも魅力溢れる写真です。「亀治郎ギャラリー」は面白そうな本が揃っています。ゆっくり時間をとって行かれると良いです。

Interview:市川春猿  泉鏡花「婦系図」お蔦に挑戦

初演の喜多村緑郎以来、新派では花柳章太郎、初代水谷八重子らがつとめ、歌舞伎俳優では坂東玉三郎も演じている。  「喜多村先生の覚書が残っていますので、そのとおりにします。基本形をまずきちっとやらせていただければと思います」(Interview:市川春猿 基本形をきちんと 泉鏡花「婦系図」お蔦に挑戦- 毎日jp(毎日新聞))
初代八重子のお蔦は見ています。その頃、喜多村のお蔦は良かったねーと年輩の方たちが言っていたのを覚えています。春猿さんは喜多村先生の覚書に忠実になさるようです。同じ女形ですから、良いお蔦になると思います。

小玉祥子の劇評 2013年10月 歌舞伎座

続いて「渡海屋・大物浦」。吉右衛門の渡海屋銀平実は知盛。手負いとなっての「三悪道」の述懐で煮えたぎるような思いを表現し、碇(いかり)を体に結び付けての投身は悲愴(ひそう)美に満ちた。芝雀の典侍の局(つぼね)が格調高く、梅玉の義経に品位が出た。(歌舞伎:歌舞伎座「義経千本桜」 仁左衛門、随所に工夫=評・小玉祥子- 毎日jp(毎日新聞))
芸の大きさを感じる吉右衛門の知盛。随所に工夫を加えた仁左衛門の権太。
狐忠信の道行の華やかさ、四の切では情味豊かに、菊五郎は音羽屋の忠信を演じた。

2013年10月8日火曜日

金太郎、團子 くろごちゃん、でんちゅうくんと記念撮影

国立劇場10月歌舞伎公演で上演中の『春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし)』にちなみ、4日(金)・5日(土)の両日、国立劇場大劇場に展示している鏡獅子像の作者である平櫛田中の生まれ故郷、岡山県井原市より、市のマスコットキャラクター「でんちゅうくん」が来場し、国立劇場のマスコットキャラクター「くろごちゃん」とともに、ロビーでお客様を出迎えました。(金太郎、團子 くろごちゃん、でんちゅうくんと記念撮影 10月歌舞伎公演 絶賛上演中! | 独立行政法人 日本芸術文化振興会)
でんちゅうくんて殿中ではなく平櫛田中の田中!実は鏡獅子の獅子の精!はるばる岡山県よりお出ましです。いろいろなキャラクターとくろごちゃん写真撮ったけど、でんちゅうくんとのツーショットが一番お似合いでーす。胡蝶と一緒でうれしそう。

市川海老蔵 古典への誘い〜江戸の華〜

10月7日浅草公会堂に行ってきました。
「古典への誘い 江戸の華」去年に引き続き2回目は清元がテーマです。
「口上」では初めて歌舞伎を見られる方にも分かるように、出雲の阿国からどういう経緯で現在の形になったかを簡単に説明。そして清元の魅力について、歌舞伎や歌舞伎舞踊の伴奏音楽として発展し、抒情的で艶のある語りが江戸人に好まれた。今回、清元をテーマに江戸の風俗、風情(玉屋)、情緒あふれる音曲(保名)、江戸の粋(お祭り)をご披露します。

「玉屋」は素の演奏です。江戸の町の生活が蘇ってきました。www.kiyomoto.org/pdf_comp/tamaya.pdf(www.kiyomoto.org/pdf_comp/tamaya.pdf)歌詞

「保名」拵えは黒地の着物に紫のぼかしの長袴。扇子は表が蝶々、裏が露芝。オキの後花道から出てきます。差し金の蝶が左右にひらひら、袖に止まったり飛んだりと野辺で彷徨っている感じがでていました。本舞台に行き、セリフがあり榊の前との逢瀬を思い出し、又現実に戻り、小袖を抱きしめ、狂い乱れて臥し沈む。六代目の小袖を被って臥す型が多いのですが、海老蔵は小袖を抱きしめて臥していく振りでした。演出で保名のやるせない気持ちをどう表現するか、どちらも良いと思います。途中から田中傳次郎さんが出て鼓を打ちます。これがごちそう。

「お祭り」最近歌舞伎で「お祭り」というと清元「神田祭」と「申酉」をミックスしてやることが多いのですが、今回は「申酉」でした。寿の字海老の首抜きで粋でいなせな鳶頭。清元の演奏に乗って軽やかでキリリとしていて、爽やかな風が吹いていました。今回のサービスで、前に芸者と田舎侍の絡む件が付いているのですが、要りませんね。海老蔵の芸者姿を見せたくて付けただけです。

日本の古典芸能を多くの方に知ってもらいたい、見てもらいたいという思いで、普段行っていない地方にも積極的に公演をし、広めていきたいという海老蔵の熱い思いは、ブログやフェイスブックにも波及しています。未来の歌舞伎を支えてくれる若い層を獲得できると良いですね。

8日BS朝日 21時54分~22時50分~知られざる物語 京都1200年の旅 「平安神宮と今に息づく平安京」旅人松也

知られざる物語 京都1200年の旅 「平安神宮と今に息づく平安京」 2013年10月8日(火)  21時54分~22時50分

平安京に都が移された時から京都の歴史は始まった。それからいく世紀も時は流れたが、今でも平安京の名残が息づく場所がある。 都を造るにあたり、碁盤の目のように整備された京の町。中でも「千本通」には、かつて平安京の正門である「羅城門」と「朱雀門」を結ぶ、「朱雀大路」が通っていたという。また、国の政治や大切な儀式が行われた「朝堂院」の面影は、平安神宮でしのぶことができる。平安京の名残を今に伝える「神泉苑」、さらに“京の台所"錦市場でにぎわう「錦小路通」も平安の世の足跡が残されているという。 京の町に残る様々な平安の面影をたどりながら、知られざる平安京の姿を見つめる。(知られざる物語 京都1200年の旅 - Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表])
10時少し前ですので、お気をつけ下さい。

8日NHKBSプレミアム21:00~プレミアムシネマ「小川の辺」 愛之助出演


下級武士の心をつづる藤沢周平の時代小説を「山桜」の篠原哲雄監督が映画化。藩命により、脱藩した親友とその妻である妹を追う海坂藩士。運命と向き合う若者の姿を描く。(NHK 番組表 | プレミアムシネマ「小川の辺」<レターボックスサイズ> | 下級武士の心をつづる藤沢周平の時代小説を「山桜」の篠原哲雄監督が映画化。藩命により、脱藩した親友とその妻である妹を追う海坂藩士。運命と向き合う若者の姿を描く。)

春猿が「生誕140年記念 泉鏡花展」へ

鏡花の生涯、作品を、生原稿や遺品などで立体的に構成した今回の「泉鏡花展」。春猿は、「泉鏡花の言葉の魔術、日本語の美しさに気づいてもらえるよいチャンスになる展示会です。展示会をご覧になって、鏡花作品を読んでみようかな、舞台を観てみようかなと思っていただければ」と話し、最後に「今回の舞台は、『婦系図』の"系図"に焦点を当てたつくりになっています。初めて新派の舞台をご覧になる方も、すごくわかりやすく、また、鏡花先生の魅力もよく引き出されていると思います」と、公演をアピールしました。
日程 2013年10月5日(土)~11月24日(日) ※月曜休館(10月14日、11月4日は開館) 開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
会場 神奈川近代文学館 神奈川県横浜市中区山手町110 電話045-622-6666(10日初日『婦系図』出演の春猿が「泉鏡花展」へ | 歌舞伎美人(かぶきびと))

2013年10月7日月曜日

吉右衛門、大作に挑む

「4~6月の3か月は責任の重さと肉体の疲労で、本音を明かせば苦しかった」と吉右衛門。その後も地方巡業を続け、気力で酷暑の公演を乗りきった。  「3大名作と言われる作品をつまらなく見せたら先人に申し訳ない。僕はいろいろ考えて面白くするタイプではない。この2か月は、実父の松本白鸚はくおうや二代目尾上松緑さんの演技を見て学んだことを基に、それ以上の舞台にできたら」と抱負を述べる。(吉右衛門、大作に挑む 10月は「義経千本桜」 : 伝統芸 : 舞台・伝統芸 : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞))
どの狂言も非の打ち所がない。見せて頂く身には有難いのですが、そろそろ身体に負担の掛からないようにスケジュールを組んで欲しいです。

海老蔵「古典への誘(いざな)い~江戸の華」で全国を巡演中

「清元の中でも一番難しい。先祖の九代目市川團十郎が手掛け、祖父の十一代目、父の十二代目も演じてきた、市川家にとってとても大事な踊りです。物狂いの男の色気、美しさが出せれば」と海老蔵。四年前の初演以来、二度目の挑戦だ。(東京新聞:海老蔵「男の色気」 清元の踊り全国巡演中:伝統芸能(TOKYO Web))
清元の曲としても大変優れています。春の野をさまよう貴公子の姿、横顔が美しい海老蔵にひと時酔いしれて下さい。

保名の歌詞はコチラwww.kiyomoto.org/pdf_comp/yasuna.pdf(www.kiyomoto.org/pdf_comp/yasuna.pdf)

衛星劇場 今週の歌舞伎番組7日~11日

7日
仮名手本忠臣蔵 七段目
松本白鸚・二世松緑・六世歌右衛門
1981年10月 歌舞伎座
8日
妹背山女庭訓 三笠山御殿
福助・染五郎・吉右衛門
廓三番叟
芝雀・亀治郎・翫雀
9日
真景累ケ淵 豊志賀の死
福助・勘太郎・梅枝・勘三郎
三人吉三 大川端
菊五郎・仁左衛門・幸四郎・梅枝
10日
切られお富
福助・橋之助・歌六
御摂勧進帳 色手綱恋の関札
松緑・亀三郎・梅枝・亀寿・菊之助
11日
英執着獅子
福助
高時
梅玉・魁春・東蔵・彦三郎

2013年10月6日日曜日

彌十郎 神無月のことば &スイス写真展の動画

坂東彌十郎 スイス写真展(9/22~29)の様子を 動画でご覧いただけます!(■初代 坂東彌十郎 公式サイト)
写真展の様子とインタビューが動画で見られます。

Essence of Japanese 神田 de 歌舞伎 第1回「歌舞伎俳優の生の声を聴く」 ゲスト坂東新悟

Essence of Japaneseでは、様々な角度から歌舞伎の魅力を知って頂くため、 全3回の「神田de歌舞伎」シリーズを展開致します。 10月28日の第1回は、「歌舞伎俳優の生の声を聴く ー女形に学ぶ!本当のたおやかさー」です。(10月28日(月)Essence of Japanese 神田 de 歌舞伎 | good mornings)

Essence of Japanese 神田 de 歌舞伎 第1回「歌舞伎俳優の生の声を聴く ―女形に学ぶ!本当のたおやかさ ―」
日時: 10月28日(月)19:00-20:30 (18:40受付開始)
場所: WATERRAS COMMON 3Fホール
参加費: ¥1,500(税込み)
定員: 50名
ゲス:ト 坂東新悟
モデレータ: おくだ健太郎(歌舞伎ソムリエ)、関亜弓(歌舞伎ライター)
詳細: http://goodmornings.co.jp/info/?p=518
お申込&お問合せ: グッドモーニングス株式会社 event@goodmornings.co.jp(初代 坂東彌十郎 公式サイト (おしらせ))

歌舞伎界の新風(西本ゆか)

名せりふ「1人は皆のために、皆は1人のために」そのままに、多様な出身ジャンルの俳優たちが力を合わせる舞台だ。獅童は「僕も歌舞伎の力でできることを全てぶつける」と語る。終盤の立ち回りには演出のアイデアも出した。「壮絶に突っ込み、散っていく。日本の美学だと思います」(朝日新聞デジタル:歌舞伎界の新風 3世代・他ジャンル参入)
国立劇場、歌舞伎座、演舞場三座の多彩な舞台。それぞれ、魅力ある興行です。

松也の自主公演「挑む」で発売された千社札、購入できます

~挑む~ オリジナル千社札(挑む~IDOMU~)
松也の大3枚と
松也・左字郎・音一朗・國矢・ 徳松・隆松・松五郎メンバー全員の千社札。

KENSYO vol.89 文楽インタビュー  竹本 住大夫

その「時代世話」のなかでも、住大夫の真骨頂といえるのが、九月の東京・国立劇場、十一月の大阪・国立文楽劇場で上演される通し狂言『伊賀越道中双六』より、平作と十兵衛の親子の情愛を描いた「千本松原の段」。「作品がええから、みんな泣いてくれはる。泣いてくれなかったら、こっちが悪い」ときっぱり。 「出てくる人物がみな好きでんねん。でもその人物になりきったらあきまへん。一歩手前で転換せな、いかん。自分が泣いたらあきまへん。自分が泣いたらお客さんが泣いてくれまへん。嘘をまことに語らなあきまへん。そこに浄瑠璃の醍醐味がある」(歌舞伎・文楽インタビュー 竹本住大夫)
よく役に成りきると言いますが、成りきったらあかんのですね。どうお客様を感動させるか、名人はそこが違うのですね。

2013年10月5日土曜日

腱板断裂 孝太郎からのコメント(孝太郎のブログより)

父は腱板断裂と言う怪我をこの数年患っておりましたがお医者様からの助言もあり痛み止のお薬も効かない状態になり 思いきって手術を受けることになりました。 右肩以外は元気にしております、今月の舞台がとうぶんのお別れになりますので今月歌舞伎座へ是非お越しください ご報告とお願いでした。(片岡孝太郎オフィシャルブログ「片岡孝太郎の 話すことあり 聞くことあり」Powered by Ameba)
いがみの権太、見に行きます。見に行って下さい。

渡辺保の劇評 2013年10月 歌舞伎座夜の部

昼の部の吉右衛門の知盛もいいが、夜の部の仁左衛門の権太もいい。知盛は 時代、権太は世話という対照のほかに、そこにはおのずから違う味わいがあっ て、二人の名手の自由な芸境が出ている。(2013年10月歌舞伎座夜の部)
仁左衛門の権太は、木の実からやるとより際立つと思います。

渡辺保の劇評 2013年10月 歌舞伎座昼の部

以上二点。前半真綱の銀平の侠気と愛嬌、後半知盛の「三悪道」の迫力が前 回と比べて格段円熟である。(2013年10月歌舞伎座昼の部)
吉右衛門の知盛はもちろんのこと、芝雀、梅玉、歌六等も好演とのこと。

平成25・26年度国立劇場歌舞伎脚本募集要項

歌舞伎は、長い歴史を通じ、生き生きとその時代を映し出した魅力的な作品を生み、現在の多彩な上演演目が形成されました。この伝統は、今日の歌舞伎においても受け継がれ、新時代の歌舞伎作品が生まれています。独立行政法人日本芸術文化振興会(国立劇場)は、歌舞伎振興のため、新しい優れた作品を求め、広く一般から脚本を募集します。(平成25・26年度国立劇場≪歌舞伎脚本募集≫のお知らせ | 独立行政法人 日本芸術文化振興会)
応募資格は一切問いません。(劇作家を本業とする方でも応募できます) 共作でも差し支えありません。
プロでも良いということです。是非応募して下さい。

初春文楽公演  演目発表 国立文楽劇場

初春文楽公演(初春文楽公演)

演劇界11月号 表紙海老蔵の秋月大膳

『演劇界』2013年11月号(演劇界)
江戸の名優怪優      江戸時代の役者伝
 初代市川團十郎 初代中村富十郎 五代目松本幸四郎 七代目市川團十郎 二代目市川團十郎 初代中村仲蔵 三代目中村歌右衛門 四代目市川小團次 初代尾上菊五郎 初代嵐雛助 三代目尾上菊五郎 三代目澤村田之助




 演劇界 11月号

仁左衛門無念を隠せず・・・

仁左衛門は「今までの対処では舞台を続けることが不可能ということで、手術が必要となりました。心の痛みもひとかたではございません」と、無念を隠せなかった。(仁左衛門手術!右肩腱板断裂で長期休養(2)/芸能/デイリースポーツ online)
ご本人が一番お辛いでしょう。

2013年10月4日金曜日

第五十六回花道会歌舞伎セミナー 獅童出演

負けてたまるかと常に挑戦を続ける
出演   中村 獅童(歌舞伎俳優)
聞き手 塚田 圭一 (花道会代表)

開催日時 2013年10月14日(月・祝) 17時開場 17時半時開始
開催場所 TKP銀座ビジネスセンター カンファレンス8A  MAP (東京都中央区銀座6-17-2 ビルネット館2号館)
参加料金 花道会会員:無料 イヤホンガイド会員:2700円 一般 :3000円(花道会 歌舞伎セミナー これまでのセミナー)

孝太郎が《月イチ歌舞伎》スペシャルトークイベントに登場

10月19日(土)、東京 MOVIX亀有で行われる≪月イチ歌舞伎≫『野田版 鼠小僧』スペシャルトークイベントに、片岡孝太郎が登場します。(孝太郎が《月イチ歌舞伎》スペシャルトークイベントに登場 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

片岡仁左衛門休演に伴う配役変更のお知らせ

11月 歌舞伎座
【昼の部】通し狂言『仮名手本忠臣蔵』   
大序・三段目  高師直  市川左團次    
四段目  大星由良之助  中村吉右衛門
【夜の部】通し狂言『仮名手本忠臣蔵』   
七段目  寺岡平右衛門   中村梅玉
12月 南座

【昼の部】  『二人椀久』  椀屋久兵衛   片岡愛之助
【夜の部】  『元禄忠臣蔵』御浜御殿綱豊卿  徳川綱豊卿 中村梅玉(片岡仁左衛門休演に伴う配役変更のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))

片岡仁左衛門さん 手術で降板へ

松竹の発表によりますと、片岡仁左衛門さんは去年から右肩を痛めていて、先月末に受けた検査で、右腕の骨と肩をつなぐ「けん板」と呼ばれる部分が損傷する「右肩けん板断裂」と診断されたということです。 このため今月25日までの歌舞伎座での公演が終わりしだい、手術を受け、ことし出演する予定だった歌舞伎座と京都・南座での舞台をすべて降板し、治療に専念するということです。 片岡仁左衛門さんは大阪府の出身の69歳。 長身で華のある二枚目役者として、歌舞伎のほかテレビや映画などでも活躍し、幅広い役を演じられる歌舞伎界を代表する人気俳優の1人です。 仁左衛門さんは「今、歌舞伎界にとって大切なこの時期に、長期休演は私自身非常に残念です。治療やリハビリに専念して予定より早く復帰がかなうよう努力致す存念でございます」とコメントしています。(片岡仁左衛門さん 手術で降板へ NHKニュース)
今月の権太も肩大丈夫なのかしら?心配ですね。皆さん無理が重なり、この年令になるとどこかに支障が出てきてしまうのですね。 あせらずゆっくりと治療に専念なさって下さい。

三津五郎のご挨拶 2013年10月

これまで代役を仰せつかることはあっても、この五十年病気・怪我での入院もなく休まず舞台に打ちこめたのは丈夫な体のお陰だと思っておりました。 ところが例年の健康診断を七月に受けましたところ、膵臓に腫瘍が見つかりました。早期発見出来たことは膵臓の病気としては大変幸運なことだそうです。 この病気の更なる検査、完治に向けての治療のためしばらく三津五郎にお時間を頂戴したく存じます。(坂東三津五郎公式ホームページ)
代役といえば團十郎さんの弁慶を演じたことが思いだされます。素晴らしかったです。今度は逆の立場で、巡り合わせですね。歌舞伎の役者さん達は絶対代役でもベストを尽くします。安心して治療に専念して下さい。

2013年10月3日木曜日

『ART NEWS TOKYO』に海老蔵の記事(中身が読めます)

情報誌『ART NEWS TOKYO』に海老蔵の記事が(新着情報 - 成田屋 市川團十郎・市川海老蔵 公式Webサイト)

www.rekibun.or.jp/promotion/pdf/2013_04.pdf(www.rekibun.or.jp/promotion/pdf/2013_04.pdf)
うれしいことに内容が読めます。

猿之助「うまい!新米!新潟米!コシヒカリ」の新CM発表会に出席

3度の食事も米派。「僕は(新潟米)全部のひいきですから、自信をもってうまいと言える。お米を食べないと、腹の底から声がでない」と米の底力を力説。「お米を食べることは日本の基礎。歌舞伎と同じように永遠に守り続けていきたいと思います」と誓った。(猿之助、歌舞伎と同じ「お米は日本の基礎」 | 日テレNEWS24)
フランス公演の時に「ごはん食べたい!」と言ってたのを思い出しました。

TOKYO KIMONO WEEK市川海老蔵特別プログラム「和の世界」ご案内

【お知らせ】 市川海老蔵特別プログラム 「和の世界」 10月23日(水) 11時開演(開場 10時15分)
ABKAIダイジェスト映像×華道パフォーマンス×海老蔵と華道家佐々木康人さんとのトークショーへのご招待です。 詳細はリンク先をご覧下さい。 http://3top.jp/wanosekai/index131002-1.html どうぞお楽しみに!(Ebizo Ichikawa XI 市川海老蔵(十一代目))

全席自由席3,000円 (お申し込み1件につき、別途郵送手数料500円を頂戴いたします。)
10月8日(火)11時発売開始(「和の世界」ご案内ページ)

まち日本橋:お江戸日本橋情報サイト(まち日本橋:お江戸日本橋情報サイト)
こちらのイベントになります。

御園座顔見世「まねき上げ」日本特殊陶業市民会館正面に

御園座の歌舞伎公演「顔見世(かおみせ)」が5日、始まる。会場となる日本特殊陶業市民会館(名古屋市中区)では3日午前、出演俳優の名前を書いた看板を建物正面に掲げる「まねき上げ」があった。勘亭流と呼ばれる丸みを帯びた字で書かれた看板30枚がずらりと並んだ。(朝日新聞デジタル:歌舞伎俳優の看板、ずらり30枚 御園座の「顔見世」 - 社会)

坂東三津五郎が会見を行いました(文も写真も充実しています)

今年の8月に納涼歌舞伎が4年ぶりに復活して、勘三郎さんがいらっしゃらなくなって、まさかここで僕までいなくなるというわけにはいかない、そういう思いを持ちながら舞台を勤めておりました。入院中は、二人の娘と妹たちが毎日のように見舞いに来てくれましたし、9月新橋演舞場に出演しておりました息子(巳之助)から、自分が出演するはずだった『御浜御殿綱豊卿』と『馬盗人』が無事に終わり、お客様に喜んでいただけました、と報告を聞いたとき、一番ほっといたしました。(トピックス|歌舞伎 on the web)
術後も良好とのこと、何よりです。8月の舞台はさぞお辛かったことでしょう。入院中はご家族の愛情に囲まれ、順調に回復に向かわれたのだと思います。ご退院、本当におめでとうございます。

今月の京蔵 2013年10月

十五夜の前後も空がすっきりと晴れ渡って、星の輝くことといったら・・・・。東京の夜空であんな美しい星空はまったく珍しいことではないでせうか? 月と星を満喫した今日この頃でした。(中村京蔵公式ホームページ)
月見で一杯!この夜空がいつか舞台で演じる折に蘇ってくるのでしょう。

染五郎の「言いたい放談」10月2日付

折り返し地点
僕は40歳・・・僕はこの年を折り返し地点として、四十代を生きていこうと思っています。
今までやってきたことを再度、紐解いて確実に実践していくこと。今まで思っていたことで実現できていないことをリストアップし、それを形にすることを計画し、遂行していく。これは決して保守的なことではなく、自分の思いを信じて強く生きていくことではないかと思っています。
僕は妄想癖というお話はしましたが、いっぱいに膨らんだ妄想袋を確実に世に出していきたいと思っています。その袋の中身は形にすると楽しい。面白い、凄いものになるのではと、いまだ妄想の状態ですが実現に向け歩んでいます。
子供の頃に思った夢を今思い出すことって、忘れかけていた自分を思い出させてくれる大事な時間になり、それを形にするために今与えられた役目をしっかりと勤めていく責任感を持つ手がかりともなります。敢えて折り返しと言って、生まれたての自分に向かってゆっくりですが、確実に進んでいきます。

40代。一番大事な時だと思います。妄想袋の実現、楽しみです。

6日TBS23:00~情熱大陸 愛之助出演

端正な顔立ちから主に二枚目役で活躍中の歌舞伎役者「片岡愛之助」。一方で現代劇の舞台やテレビドラマにも出演。気さくで飾らない素顔、多くの方に歌舞伎を見て知って欲しいという彼の思いに密着する。 10月3日、座頭として初日を迎える「十月花形歌舞伎」。常に「面白くなくてはいけない」と語り、「継承」と「創造」をキーワードにどんな舞台を作り上げていくのか…稽古から初日まで、今もっとも熱い花形役者の姿を追う。(情熱大陸 - Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表])

ドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS・TBS系全国ネット10月6日午後11時〜11時半)では、大人気ドラマ「半沢直樹」で、主人公の敵役、冷酷・粘着質でオネエという「黒崎俊一」役で注目を集めた愛之助に密着。愛之助の気さくで飾らない素顔、多くの方に歌舞伎を見て知って欲しいという彼の思いに迫る。(情熱大陸:「半沢直樹」で大注目! 片岡愛之助が登場- 毎日jp(毎日新聞))

松也の自主公演「挑む」が放映されます

本年8月22日・23日に開催いたしました尾上松也自主公演「挑む」の舞台が、にっぽんケーブルチャンネル(地デジ10ch)にて放映されます。
放送日程は以下の通りでございます。 にっぽんケーブルチャンネル(地デジ10ch) 「挑む ~傾く者の繋ぐ技量~」
10月5(土)夜7:00~ 10月14(祝)夜9:00~(尾上松也オフィシャルブログ「松也日記」powered by Ameba)
朗報です。見られなかった方、是非ご覧下さい。

2013年10月2日水曜日

十月花形歌舞伎 大阪松竹座上演時間掲載

十月花形歌舞伎(十月花形歌舞伎の上演時間 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

3日初日『大和三銃士』を獅童が語る

獅童らと敵対する片桐且元役の榎木孝明は、「今回の芝居はひと言で言うと"シドウリョク"=獅童力、指導力。少しでも気を抜くと成り立たない舞台なのですが、獅童さんが細かい配慮で見てくれているので、皆が安心して一所懸命できるんです」と、役柄さながらに冷静な分析を見せました。

「皆で魂を込めてぶつかっていかないといけない芝居。全員一丸となってぶつかり、お客様のハートに届く芝居をしたい。その時代を生き抜こうとするエネルギッシュな姿で、皆が輝いて見えると思います」と、稽古の熱い気持ちをダイレクトに舞台にぶつけようとする、チームワークのよさを象徴する獅童の言葉で、会見を締めくくりました。(3日初日『大和三銃士』を獅童が語る | 歌舞伎美人(かぶきびと))
ポスターに全員揃って写っているということが、全員が主役という証ですね。

「錦秋名古屋 顔見世」出演者がお練り

晴れ上がった秋空のもと、名古屋駅から名鉄の中部国際空港アクセス特急ミュースカイに乗り、船乗込みならぬ"電車乗込み"で金山駅に到着したのは、「錦秋名古屋 顔見世」に出演する、中村福助、中村扇雀、中村橋之助、坂東彌十郎、市村萬次郎、市川門之助、片岡亀蔵、大谷桂三、中村児太郎ら。(「錦秋名古屋 顔見世」出演者がお練り | 歌舞伎美人(かぶきびと))

坂東三津五郎休演に伴う「松竹大歌舞伎」配役変更のお知らせ

一、『新版歌祭文 野崎村』  百姓久作  坂東彌十郎
二、『江島生島』  生島新五郎 尾上菊之助  中臈江島/江島に似た海女  尾上右 近(坂東三津五郎休演に伴う「松竹大歌舞伎」配役変更のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
久作は予想通り。菊之助が絵島から生島に変更です。右近の絵島で若々しいカップルになります。

三津五郎さん退院、復帰は年明けに

会場に姿を現した三津五郎は「きょうは私事でお集まりいただいてありがとうございます」と朗らかにあいさつ。  術後の経過は良好だが「治療はしばらく続けなければならず、体力の回復という観点からも11月の秋季巡業と12月の大歌舞伎への出演を見送らせていただきます」と年内の復帰を断念したことを発表した。(三津五郎、悪性腫瘍。復帰は「年が明けて」 | 日テレNEWS24)
お元気そうでうれしいです。良いかたちで復帰したいと言われています。あせらずゆっくりと養生なさって、あの素晴らしい踊りを見せて頂く日をお待ちしております。ご退院おめでとうございます。

フジテレビ「長谷川町子物語」で海老蔵が祖父の役で出演

歌舞伎俳優、市川海老蔵(35)が、11月放送予定のフジテレビ系スペシャルドラマ「長谷川町子物語~サザエさんが生まれた日~」にゲスト出演し、祖父の九代目市川海老蔵(十一代目市川團十郎=享年56)役を初めて務めることが1日、分かった。
都内で行われた撮影後にサンケイスポーツ取材に応じ「普通なら出ないですけれど、祖父役を他の方が演じるのは困るので」と出演理由を語った。(海老蔵、祖父“九代目”演じる「他の方では困るので」 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ))
撮影中に尾野真千子さんと写真撮ったんですよ(尾野真千子さんと|ABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログ Powered by Ameba)
自身のブログでも紹介しています。

ようこそ歌舞伎へ「中村梅玉」 義経について

「『渡海屋』では銀平の正体を知盛だと気づいていますが、あまり見せてはいけない。そこが歌舞伎の肚(はら)です。船に乗る前に、銀平の妻のお柳に身をやつしている典侍の局(すけのつぼね)が、蓑笠を渡してくれるのを受け取ります。そのときに、“そちが情けに義経が、身の隠れ笠、隠れ蓑。心遣い忘れはおかぬ”と言うのが一番大事なせりふだと思います」(歌舞伎美人 ようこそ歌舞伎へ「中村梅玉」 2/4)
私たちがいだく義経のイメージにピッタリな方です。

2013年10月1日火曜日

梅之改め梅乃、名題昇進披露

(公社)日本俳優協会の平成24年名題資格審査に合格した中村梅玉一門の中村梅之が、10月歌舞伎座 「歌舞伎座新開場柿葺落 芸術祭十月大歌舞伎」 (10月1日~25日)において名題昇進披露を行い、名題に昇進しました。また、これを機に初代中村梅乃(なかむら・うめの)を名のります。 今後のさらなる活躍にご期待ください。(トピックス|歌舞伎 on the web)
常に謙虚に、行儀よく、礼節を守り、 頂いたお役を大切に、先人のお教えをよっく勉強して参ります。 未熟ではございますが、一歩一歩精進を重ね、あせらず、地道に成長してゆけたらと存じておりますので、 何卒今後とも、ご指導ご鞭撻の程、お願い申し上げる次第でございます。(梅之芝居日記)
昼の部『渡海屋・大物浦』と、夜の部『河連法眼館』に出演。梅之芝居日記は今日を持って終わるとのこと。真面目で素直でお行儀良い・・・とても控えめで居られます。これを機に少し個性を出されてもよろしいのではと思います。名題昇進おめでとうございます。。

11月歌舞伎公演 『通し狂言 伊賀越道中双六』 取材会で公演への意気込みを語る

中村虎之介
今回、親子三代で出演できるのは、貴重な経験になりますし、良い意味で緊張しています。和田志津馬は重要で難しい役どころですが、白塗りの立役をあまり経験していませんので、私にとっては新鮮です。しっかり勤めたいと思います。(藤十郎、翫雀、扇雀、虎之介 11月歌舞伎公演『通し狂言 伊賀越道中双六』取材会を行いました | 独立行政法人 日本芸術文化振興会)

来年度歌舞伎カレンダー「歌舞伎絵暦」発売

歌舞伎座インターネットショップかおみせ(歌舞伎座インターネットショップかおみせ)
ネットショップもたまに見ると楽しいです。

販売場所
歌舞伎座(1F筋書売場、お土産処「木挽町」、2・3・4F受付)
GINZA KABUKIZA 地下2F「木挽町広場」(切符売場、お土産処「かおみせ」)
歌舞伎座タワー5F「楽座」
新橋演舞場(切符売場、筋書売場)
歌舞伎座インターネットショッピングサイト「かお店(かおみせ)」
松竹歌舞伎屋本舗 東京駅一番街 地下1F 東京キャラクターストリート内(2014年版錦絵カレンダー「歌舞伎絵暦」が発売開始 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

「錦秋名古屋顔見世」をPR「電車乗り込み!」

福助さんや中村橋之助さん(48)ら歌舞伎役者9人と劇場関係者の計13人が、名古屋駅から金山駅まで乗車。両駅には大勢の歌舞伎ファンが詰め掛け「成駒屋」などと掛け声が飛び交った。金山駅前で福助さんらは「大変見やすく面白い芝居をします」と来場を呼び掛け、市民会館までオープンカーに乗ってお練りをした。(中日新聞:福助さんら「電車乗り込み」でPR 御園座公演:話題のニュース(CHUNICHI Web))
船乗り込みならぬ電車乗り込みで、福助さん等PR。

玉三郎の今月のコメント 2013年10月

お陰様で博多座公演も連日大入りを頂きまして、立ち見も出るという大変ありがたい状態でした。幸せな気持ちで毎日の舞台に立てましたのも皆様のお陰様と御礼も申し上げます。(坂東玉三郎ページ)
アマテラス大入りおめでとうございます。

寺島しのぶ、99歳の老婆役に挑戦!三島由紀夫「卒塔婆小町」で

両作を手掛けた根岸監督は、「今回の映像化は大変な冒険だったと思うが、舞台とは違う、新しい映像的な要素をどうやって入れていくかを一生懸命考えました。今回は素晴らしいキャストを得て、この人たちが三島のレトリック豊かな戯曲を一句たりともたがえずに演じ、緊張した撮影の毎日でした。舞台とも文学とも違う、新しい魅力の作品ができたと思います」と自信を見せていた。(取材・文:壬生智裕) 近代能楽集「卒塔婆小町」「葵上」DVDは10月31日発売(税込み:各6,090円)(寺島しのぶ、99歳の老婆役に挑戦!三島由紀夫「卒塔婆小町」で - シネマトゥデイ)
特殊メイクとはいえ99才の老婆を演じたとはスゴイです。1才になったばかりのbebeのお母さん、女優業との両立大変だと思いますが、どちらも頑張って頂きたいです。

第二回「千之助の会」を東急セルリアンホテルにて(孝太郎のブログ)

昨日渋谷の東急セルリアンホテルにて 第二回『千之会』が ファンクラブの方、学友限定でやらせていただきました。 まず中井美穂さんの進行のもとトークショーを そして「三番叟」「越後獅子」と踊らせて頂き 後に懇親会 今年は席数も少なくお客様が限定されてしまい申し訳ない思いがしました。 来年又は再来年に 皆様もお呼び出来るような会が出来ます様 親子共々精進したいと思いました。(片岡孝太郎オフィシャルブログ「片岡孝太郎の 話すことあり 聞くことあり」Powered by Ameba)
アットホームな会だったことでしょう。松嶋屋の若獅子ですね。

ブログ アーカイブ