2014年1月10日金曜日

渡辺保の劇評 2014年1月 新橋演舞場

しかし折角ここまできたのだから、洗い直して人間景清のドラマを一貫させ て再演してほしい。そうすれば海老蔵の絵面、江戸の歌舞伎十八番の絵が現代 に生き返るだろう。(2014年1月新橋演舞場)
四つの十八番物を一つにまとめてみる、というだけでかなり大変な作業だと思います。渡辺氏の評によればなかなか面白く仕上がっているようです。是非再演を重ね残る形にして頂きたいと思います。