2014年1月20日月曜日

長谷部浩の劇評 2014年1月 国立劇場・演舞場

菊之助が女方(おんながた)のさまざまな役柄を演じ分け、また、威勢のいい大工の与四郎へと替わるのが見物で、旬の役者を見せるバラエティーショーとなっている。(東京新聞:<評>舞台弾ませる菊五郎「三千両初春駒曳」 見せる海老蔵の「悪」「壽三升景清」:伝統芸能(TOKYO Web))
大工の与四郎の男振りの良さ、ワクワクします。
その不死身が説得力を持つのは、海老蔵がエネルギーに満ちあふれているからだ。(東京新聞:<評>舞台弾ませる菊五郎「三千両初春駒曳」 見せる海老蔵の「悪」「壽三升景清」:伝統芸能(TOKYO Web))
荒人神という成田屋のイメージが当代で色濃くなっている気がします。