2014年1月23日木曜日

松井今朝子の新春浅草歌舞伎の批評

歌舞伎のお正月興行で観るならやっぱり浅草がイチバン腹立たなくてよさそうに思えたのは、自分の子供よりも若そうなメンバーが勢ぞろいしているからで、観た結果、歌舞伎の前途をさほど悲観せずに済んだのは何よりである。「博奕十王」は澤瀉屋らしい洒脱な舞踊劇で、当代猿之助のキレのいい動きと共にそのシニカルな芸風が非常に巧くマッチして出色の出来映え。閻魔大王の男女蔵もよく喰らいついて舞台を弛ませなかったのはまずまずであろう。(松井今朝子ホームページ)
猿之助の踊りは見ていて小気味よく、メリハリのある役者の踊りです。昼の部の「上州土産百両首」も芝居が上手でちゃんと山場を盛りあげ、最後に泣かせてくれる。もっとも相手役の巳之助も好演で対照的なお役を演じていたのも見逃せないです。舞踊二題は松井さんがおっしゃるように、前途有望な若手の華やかで、パワーあふれる舞台でした。