2014年1月30日木曜日

国立劇場、17年から大規模改修へ 20年完成目指す

リニューアル後の劇場は今と同規模になる見込み。国立演芸場など近隣に分散している機能の集約も図るという。五輪で訪れる外国人向けに催しを開き、日本の伝統文化をアピールする考えだ。  工事中も代替劇場を確保するなどして、公演は実施する方針という。国立劇場を運営する日本芸術文化振興会は「観客も出演者も快適に過ごせる施設を目指したい」としている。(国立劇場、17年から大規模改修へ 20年完成目指す ― スポニチ Sponichi Annex 芸能)
外観はまだ大丈夫そうに見えますが、雨漏りや排水や空調の不備等が問題になってきたようです。3年後の2017年からということです。