2014年1月10日金曜日

渡辺保の劇評 2014年1月 歌舞伎座

新年初頭の歌舞伎座は、夜の部最初の「九段目」が、ベテラン揃い、大顔合 わせで堪能させる。初春第一の見ものである。(2014年1月歌舞伎座)
去年の忠臣蔵の通しで上演出来なかった九段目が、役者揃いの充実した一幕のようです。