2014年1月12日日曜日

渡辺保の劇評 2014年1月 国立劇場

以上復活狂言は歌舞伎の演目を豊富にするために是非必要だが、その方法に ついてはもう一度検討すべきだろう。時間の関係からいえば重点的にすべきだ し、ドラマの構造、芝居の枷は破壊すべきではない。演目選定も問題だろう。 上方の二の替わり狂言を江戸役者にやらせること、あるいはこんな長大な作品 をやるよりももっと浄瑠璃作品を探すべきだし、その選定の経緯も透明にすべ きである。(2014年1月国立劇場)
毎年恒例ともいえるお正月の国立劇場の復活狂言は何となくマンネリ化してきたように思われます。菊五郎劇団が演じるなら、やはり南北、黙阿弥あたりの物が良いのではないかと思います。