2014年1月27日月曜日

歌舞伎座で花形中心で演じる弁天小僧の通し

今回は駄右衛門に染五郎、南郷に松緑、赤星に七之助、忠信に亀三郎という旬の花形の顔合わせ。「通しなので物語の背景となるお家騒動もよく分かりますし、五人男それぞれの人間模様や魅力を楽しんでいただけるはず。歌舞伎座で花形中心に演じるということで格別な思いがあります」(東京新聞:<歌舞伎>父のように変身! 菊之助が弁天小僧:伝統芸能(TOKYO Web))
この狂言が出来るということは、正に花形の粒が揃った証です。 黙阿弥の最高傑作、心地良い七五調のセリフに酔いたいと思います。