2014年1月7日火曜日

「幕の内外」改め「かぶき彩時記」

本年より「幕の内外」改め「かぶき彩時記(さいじき)」として装い新たにスタートします。
設定や台詞(せりふ)もおめでた尽くし。工藤は、富士の裾野の狩猟奉行に任命された設定ですが、狩りには鷹(たか)がつきもの。「一富士二鷹三なすび」といいますが、なすびは?と思ったら、ちゃんと道化役・小林朝比奈の「ありがたなすびの初夢だもさ」という台詞にありました。(東京新聞:<かぶき彩時記>初春は「寿曽我対面」 おめでた尽くし:伝統芸能(TOKYO Web))
お正月といえば曽我物です。朝比奈のセリフ をよく聞いてみましょう。