2014年1月28日火曜日

東慶寺花だより、好評の内にめでたく千穐楽 染五郎さんとツーショットの写真あり(秀太郎歌舞伎話)

脚本の今井先生、演出の大場先生、主役の染五郎さん、この三人のチームワークの良さ、例えば稽古の進行に伴い直ぐに筆を加える今井さん、芝居全体を引いて見て芝居をまとめる大場さん。研究熱心でつねに若手を指導する染五郎さん。共演者も「芝居が好きな」な東蔵さん彌十郎さんが脇を固め、翫雀さん孝太郎、笑也さんもそれぞれの個性が出て良かったし、抜擢された若い役者の頑張りも心地良かったです!そして特筆すべきは杵屋五七郎さんの附け(黒御簾の作曲)が芝居全体を楽しくしていたことです。いくら新作でも、千穐楽迄これほど進化した芝居を私は知りません。(秀太郎歌舞伎話)
新歌舞伎というジャンルがありますが、これも岡本綺堂、真山青果、宇野信夫先生方ので随分昔の作品です。ここらで新新歌舞伎(何か良いネーミングないでしょうか) という命名のもと、近年の傑作を選んでも良いと思いますが、いかがでしょうか。その時は「東慶寺花だより」も是非加えて頂きたいですね。