2014年1月13日月曜日

長谷部浩の劇評 2014年1月 歌舞伎座

新春のめでたい気分にふさわしい舞踊『乗合船』では、彌十郎(やじゅうろう)の田舎侍に飄々(ひょうひょう)たる味を出した。
乗合船の登場人物はそれぞれ江戸の町に普通にいた人たちです。田舎侍もこういう感じだったのだろうと思います。彌十郎の田舎侍を見ると江戸時代にタイムスリップした気分になります。
忠臣蔵外伝(がいでん)の『松浦の太鼓』は、吉右衛門が大名の喜怒哀楽を自在に描く。歌六の其角(きかく)に人生の厚み。討ち入り前夜、大高源吾の緊張を梅玉が師走の冷たい風をまとい好演だった。(東京新聞:<評>「寿初春大歌舞伎」 「山科閑居」後半に緊迫感:伝統芸能(TOKYO Web))
最高の配役の「松浦の太鼓」です。