2014年2月9日日曜日

石井啓夫の劇評 2014年2月 歌舞伎座

染五郎は粋な左七とワルの九郎兵衛をきっちり見せる。芸質ゆえで安心感と好感度を生む。「雪の笹藪の場」の九郎兵衛としての幼い鳥追い殺しは、実は娘と知らず殺す残忍シーンだが、ニヒルさより型の美が極まる。小糸を殺す左七にも悪の華が映える。菊之助の小糸は花道の出から終始圧巻の女方。松緑は硬軟、人物が宿す哀歓の表出が見事である。(【鑑賞眼】歌舞伎座 二月花形歌舞伎 軽快に弾む趣向、南北の世界を堪能 - MSN産経ニュース)
絡みあう糸の面白さは南北らしいと思います。