2014年2月24日月曜日

菊五郎、家の芸「身替座禅」

大入りが続いたこけら落とし公演を振り返り、菊五郎は「大役を次々に演じ、充実していた」と語るが、二年目への危機感も抱く。(東京新聞:菊五郎、家の芸「身替座禅」 大名のほろ酔い花道:伝統芸能(TOKYO Web))
実際、入りは去年ほど・・・しかし舞台は毎月面白いです。吉原ではありませんが、裏を返して馴染みになって頂きたいですね。