2014年2月4日火曜日

四国こんぴら歌舞伎大芝居 染五郎が意気込みを語る

今回は与兵衛が捕まるまでを上演させていただきますが、前回とは最後の場面の解釈を変え、自分がやってきたことが悪いとやっと気づき引っ立てられていく、以前のように全く破綻した人間のままではない終わりにしようと思っています。(トピックス|歌舞伎 on the web)
染五郎の解釈・・・後味は良いかもしれません。