2014年2月24日月曜日

<かぶき彩時記>「寺入り」の小太郎 身代わりの悲劇

寺子屋で元気に「いろはにほへと」を書く子供たち。幕切れ、小太郎の野辺送りでは、詞章にいろはを盛り込んだ哀切な「いろは送り」という浄瑠璃となります。(東京新聞:<かぶき彩時記>「寺入り」の小太郎 身代わりの悲劇:伝統芸能(TOKYO Web))
入学シーズンですね。手習いをする子供の様子が、今では見られなくなりましたから「寺子屋」を見ると心和みます。