2014年2月17日月曜日

<かぶき彩時記>「雪暮夜入谷畦道」

「冴(さ)え返る春の寒さに降る雨も 暮れていつしか雪となり 上野の鐘の音も凍る 細き流れの幾曲がり 末は田川へ入谷村」という詞章です。「冴え返る」は早春の季語。暖かさが続いた後、冬に逆戻りするように寒さがぶり返し、大地が凍(い)て返るという意味で、現在なら二月後半頃。また、当時の入谷は、寂しい畦道が続く土地でした。(東京新聞:<かぶき彩時記>「雪暮夜入谷畦道(ゆきのゆうべいりやのあぜみち)」 江戸情緒たっぷりと:伝統芸能(TOKYO Web))
江戸情緒たっぷり、清元の演奏が素晴らしい。「冴え返る」とは立春を過ぎ寒さが戻ってくるということですので、2月3日過ぎならいつでもです。