2014年2月5日水曜日

国立劇場3月歌舞伎公演 時蔵等意気込みを語る


時蔵・・・また幸せなことに蝙蝠安に彌十郎さん、弟の錦之助も加わってとても良い一座となりました。このメンバーで素晴らしい「切られお富」を創り、私の得意役の一つとしていきたいと思っております。
彌十郎・・・蝙蝠の安蔵を勤めさせていただきます。この芝居には不思議とご縁がございまして、最初は九世澤村宗十郎のお兄さんがなさった時に与三郎をさせていただきました。その後、澤瀉屋のお兄さん(市川猿翁)がなさった時には赤間源左衛門を、そして平成19年には安蔵を勤めさせていただきました
錦之助・・・梅王丸を萬太郎さん、桜丸を倅の隼人が勤め、三つ子の設定なのに親子、おじということですが(笑)、若い人に負けないように勤めたいと思います。(トピックス|歌舞伎 on the web)
これを機に再演を重ね萬屋のお家芸になると良いですね。