2014年2月10日月曜日

渡辺保の劇評 2014年2月 歌舞伎座夜の部

亀三郎の忠信は、顔つきといい、せりふ廻しといい、祖父十七代目羽左衛門 の若き日に生き写し。芝居がしっかりしていて、とかく赤星と友達づき合いの 忠信が多いなかで、旧主の若旦那という階級差の表現がハッキリしている。こ ういうところで芝居の面白さが生きるのである
三拍子揃っていてメリハリの効いた演技は小気味良いです。
もう一人藤間大河の丁稚が、観客の目のつかぬところまできちんと目立たず にやって行儀がいい。お父っあんのお仕込みのよさだろう。  橘太郎の番頭も今日の番頭で、団蔵の主人、橘太郎の番頭、大河の丁稚と主 人から丁稚までこの浜松屋はさすがに大歌舞伎の大店である。(2014年2月歌舞伎座夜の部)
大河くんの丁稚は観客への大サービス。浜松屋のファミリー感が良い感じに伝わってきます。