2014年2月27日木曜日

竹本住大夫さん、引退へ 4月5月に引退興行

人形浄瑠璃文楽の最長老で人間国宝の太夫(浄瑠璃語り)、竹本住大夫さん(89)が、5月の東京・国立劇場公演「沓掛村」を最後に引退することが27日わかった。高齢に加え、2012年に発症した脳梗塞(こうそく)の後遺症が思うように回復せず、現役を退く決意を固めた。4月の本拠地・大阪での国立文楽劇場公演とともに引退興行とする予定。28日夕、大阪市内で会見し、理由や心境を語る。(竹本住大夫さん、引退へ 文楽の最長老、人間国宝:朝日新聞デジタル)
脳梗塞で倒れられ、リハビリに励み復帰。スゴイ!さすがスミさんと喜んでいました。しかし浄瑠璃を語るのは大変なことです。ご自分で納得いくように語れないと思われたのでしょう。今まで数々の感動をありがとうございました。