2014年2月10日月曜日

小玉祥子の劇評 2014年2月 歌舞伎座

原作を刈り込み、筋を通してテンポを出した。すっきりとした左七と小悪党の九郎兵衛の対照的な2役を染五郎が早変わりを交え、うまく見せた。菊之助が粋で、きりっとした芸者ぶり。(歌舞伎:2月花形歌舞伎 原作刈り込みテンポ出す=評・小玉祥子 - 毎日新聞)
テンポよく筋を通して良い出来上がりとのこと。見た人がどう感じるかで良いのだと思います。